@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アミール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アミール
amīr
エミールと発音される場合が多い。軍事司令官,地方総督,王子を味するアラビア語。初期イスラム時代にはアーミルと同義語であったが,ウマイヤ朝時代になると軍事・財政上の権限を兼有するようになり,法官を任命し,みずからの名で貨幣を鋳造するアミールも現れた。9世紀後半以降は北アフリカのアグラブ朝エジプトトゥールーン朝イランサーマン朝のようにアミールがアッバース朝国家に対する貢納を拒否して,次々と独立王朝を形成するようになった。なおセルジューク朝アイユーブ朝マムルーク朝では各階級の軍事司令官がアミールの名で呼ばれた。英語のアドミラル (提督) はこの語に由来する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アミール(〈アラビア〉amīr)
《指揮者・司令官の意》イスラム世界で支配者や王族称号首長

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アミール【amīr】
アラビア語で〈司令官〉〈総督〉を意味し,転じてイスラム世界で支配者や王族の称号としても使われた。のちにペルシア語やトルコ語(エミールemīr)でも用いられた。はじめはイスラム教徒の集団の長に対して使われた。ウマル1世(第2代正統カリフ。在位634‐644)以降のカリフがアミール・アルムーミニーン(信徒たちのアミール)と呼ばれたのもその一例である。しかし,一般には正統カリフ時代から,軍隊の長,遠征軍の長の意味で使われた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

アミール
〘名〙 (amīr 「指揮者・司令官」の意) イスラム世界における支配者や王族の称号。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アミール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アミールの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation