@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アムハラ語【アムハラご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アムハラ語
アムハラご
Amharic language
エチオピアの中央部および南部高地で話される言語で,エチオピアの実務用言語。セム語族に属し,いわゆるエチオピア諸語の一つ。クシ語の影響を強く受け,古来のセム語の特徴を失っている点が多い。エチオピア祖語と比較してみると,音韻面では,喉頭音消失,歯音と歯擦音口蓋化,形態面では,女性の印-tと対格の印-aの消失,複数の印-očと動詞の派生語幹の発達が目立つ。構文面,語彙面でもクシ語の影響がみられる。最古文献は 14世紀。文字は南セム文字の系統をひくエチオピア音節文字に補助符号をつけたものを用いている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アムハラご【アムハラ語 Amharic】
多言語国家エチオピアで最大の母語人口(約900万)を持つ言語。中部高原地帯を中心に,共通語的性格を最も帯びた言語として,エチオピア各地にわたり広い通用範囲を有する。19世紀末から書き言葉としての地位を確立し,以後独自のアムハラ語文学を数多く生み出している。系統はセム語族に属するが,エチオピア土着のクシ諸語の影響を強く受けている。7母音と27子音を持つが,子音の中では五つの放出音(声門閉鎖を伴う)が構造的特徴である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アムハラ語
あむはらご
Amharic

エチオピアで使用される言語の一つ。現在エチオピアでは70以上といわれる多数の言語が話されているが、そのなかで最大の母語人口(約1500万人)をもつ。系統的にはセム語族に属する。古典エチオピア語(ゲエズ語)にとってかわって、13世紀以降王国の宮廷語として用いられるようになったが、書きことばとしての地位を確立し、独自の文学を発展させたのは19世紀末からである。文字はゲエズ語に使われた文字に改変を加えたもので、日本のかなと同様の音節文字で、左から右に書く。元来のエチオピア中部高原地帯から、共通語として漸次全土に広まっている。またきわめて低かった識字率も、近年の強力な識字運動に伴い向上をみている。

[柘植洋一]

特徴

27子音と7母音をもつが、喉頭(こうとう)の緊張を伴い発音される一群の子音(放出音)が特徴である。同じセム系でも北部のティグレ語やティグリニア語と比べて、土着のクシ語の影響が著しく、セム語固有の豊富な喉音(こうおん)は失っており、語彙(ごい)もクシ語からの借用語が多い。また統語面でも、セム語本来のものと異なり、修飾語が被修飾語に先行するとか、基本的語順が主語―目的語―動詞であるといった、日本語とよく似た特徴をもつ。動詞の活用組織は比較的本来のセム語的特徴をとどめている。

[柘植洋一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アムハラ‐ご【アムハラ語】
〘名〙 セム語族の南西セム語派に属する言語。エチオピアの公用語で、文字は南アラビア文字から派生したエチオピア文字を使う。話者数は一五〇〇万人以上と推定される。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アムハラ語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アムハラ語の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation