@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アムハラ

日本大百科全書(ニッポニカ)

アムハラ
あむはら
Amhara
アフリカ、エチオピアの先住民集団。人口は約1200万人。長くエチオピアの支配民族であったが、1975年の社会主義革命においてアムハラ出身のハイレ・セラシエ皇帝が廃された。言語はセム語から派生したアムハラ語。ムギなどを栽培すると同時に、家畜の飼育も行う小農民が大部分で、家族内では父親の権力が強い。1500年以上も前から独自のキリスト教(エチオピア正教)を発展させた。エチオピア社会主義政権崩壊後のアムハラの動向はまだ予断を許さない。[木村秀雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アムハラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アムハラの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation