@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アムマナーティ【あむまなーてぃ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

アムマナーティ
あむまなーてぃ
Bartolommeo Ammanati (Ammannati)
(1511―1592)
イタリアの建築家、彫刻家。フィレンツェ近郊のセッティニャーノに生まれる。ミケランジェロから強い影響を受けたマニエリズモ期の美術家で、フィレンツェのほかベネチア、パドバ、ローマなどでも活躍した。彫刻ではフィレンツェのシニョリーア広場の『ネプチューンの噴水』(1563~1575)が代表作。建築家としてはピッティ宮の内庭(1558~1570)とアルノ川に架かるサンタ・トリニタ橋(1567~1570。1944年に破壊されたが1957年に再建)が有名である。晩年は反宗教改革の影響を受けて禁欲的となり、1582年の書簡では裸体彫刻を制作したことを悔いている。[篠塚二三男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アムマナーティ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アムマナーティの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation