@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アメフラシ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アメフラシ
Aplysia kurodai; sea hare
軟体動物門腹足綱アメフラシ科。体長 40cmに及ぶものもあるが,普通は 10~20cm。体は軟らかく,長卵形で前方へ細くなり,黒褐色ないし紫黒色の地に灰白色の小斑が散在する。頭には大きい触角と小さい嗅角が1対ずつあり,眼は嗅角の基部にあって小さい。背面は側足葉が左右両側にあり,薄く小さいを包んだ外套膜を囲んでいる。鰓と紫汁腺は外套膜の右側縁の下側にある。体に強く触れると紫色粘液を出し,海水を紫色に染める。春季に潮間帯に多く現れ,海藻や石の上に黄色の細い紐を束ねたような卵塊を産む。これを海ぞうめんという。卵は発生が進むと橙色から褐色になり,幼生になって海中へ泳ぎ出る。緑藻や褐藻を好んで食べる。近縁クロヘリアメフラシ A. parvulaは本種より小型で体は赤褐色,側足葉縁が黒色で,紫汁を出す。アマクサアメフラシ A. juliana飴色で紫汁腺はない。日本各地,朝鮮半島,中国,台湾に分布する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アメフラシ
あめふらし / 雨虎
sea hare
[学] Aplysia kurodai

軟体動物門腹足綱アメフラシ科の動物。日本各地および台湾、朝鮮半島、中国沿岸に広く分布し、潮間帯付近の岩礁地帯に普通にみられる。体長40センチメートルになり、黒褐色の地に灰白色斑(はん)が不規則に散在する。体を伸ばすと頸(くび)のほうはやや細長く、頭には前触角と嗅角(きゅうかく)(後触角)が1対ずつあるが、目は非常に小さい。内臓を包む胴部は丸く膨れて、背面には側足葉が両側から、薄く浅い木の葉形の殻を包んだ外套膜(がいとうまく)を囲む。右側にえらと紫汁腺(せん)があり、体に刺激を与えると紫色の汁を煙幕のように放出する。これは敵を嫌悪させるためのものと思われ、無毒で容易に消失する。春に沿岸の海藻を多量に食べる。3~7月に海藻の上や石の下などに黄橙(おうとう)色で麺(めん)類のような卵塊を産む。これをウミゾウメンという。

 本種によく似たアマクサアメフラシA. julianaは、足の後端が丸い吸盤状で、紫汁を出さない。クロヘリアメフラシA. parvulaは体長60ミリメートルぐらいの小形種で赤褐色、側足葉の縁は黒色で、刺激によって紫汁を出す。ジャノメアメフラシA. dactylomelaは体表に黒い蛇の目模様があり、足の後端が黒いのが特徴である。

[奥谷喬司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アメフラシ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アメフラシの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation