@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アメリカの悲劇【アメリカのひげき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アメリカの悲劇
アメリカのひげき
An American Tragedy
アメリカの小説家 T.ドライサーの小説。 1925年刊。貧しい伝道師の子クライド・グリフィスは,出世を夢みて金持伯父の工場に就職する。そこで知合った女子工員ロバータと関係を結ぶが,富豪の娘ソンドラに好意をもたれると,ロバータがじゃまになる。妊娠したロバータを湖水に連れ出した彼は,殺意がなかったのに彼女を溺死させてしまう。長い裁判の間に政治家の野心がからみ,彼は死刑になる。実際の事件の裁判記録を利用しつつ,成功というアメリカの夢の破綻を重厚な筆致で描いたアメリカ自然主義文学の代表作。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アメリカのひげき【アメリカの悲劇】
原題An American Tragedyドライサーの小説。1925年刊。ニューヨーク州で実際に起きた殺人事件を題材とするリアリズム作品。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

アメリカの悲劇
1931年製作のアメリカ映画。原題《An American Tragedy》。監督:ジョーゼフ・フォン・スタンバーグ

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アメリカのひげき【アメリカの悲劇 An American Tragedy】
アメリカの作家ドライサーの小説。1920年に着手,5年の歳月をかけて完成され,出版(1925)後1年間に5万部を売り,読書界にセンセーションをまきおこした大作。1906年にニューヨーク州ビッグ・ムース湖で起こった殺人事件をモデルに,貧しい街頭伝道師の息子クライド・グリフィスが上流階級の娘との結婚を夢みて,愛人だった女工のロバータ・オールデンを殺し,電気椅子に送られるまでの過程を追い,徹底したリアリズムで克明に描いたもの。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アメリカのひげき【アメリカの悲劇】
ドライサーの小説。1925年刊。野望ゆえに恋人を死に至らしめた貧しい青年が罪を得て死刑に処せられるまでを、資本主義興隆期のアメリカ社会を背景に描く。自然主義文学の代表作。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アメリカの悲劇
あめりかのひげき
An American Tragedy
アメリカの作家、ドライサーの長編小説。1925年刊。貧しい伝道師の息子クライド・グリフィスは伯父の工場で働くうち、女工ロバータに心をひかれ、深い関係に陥る。だが、社交界の美女ソンドラとも偶然知り合い、交際が進展してゆく。おりあしくロバータは妊娠して結婚を迫り、板挟みになりながらもソンドラとの結婚と富裕な生活を夢みるクライドは、山中の湖にロバータを誘い出し、ボートを転覆させて殺そうとする。しかし決定的瞬間に意志が麻痺(まひ)してボートは偶然の成り行きで転覆、ロバータは溺死(できし)する。政争に利用された裁判の結果クライドは死刑となるが、自分の罪に深い疑惑を抱いたまま死んでゆく。1906年のジレット・ブラウン事件をモデルに、環境と本能に支配される人間の悲劇性を見つめ、物質的成功への夢を無責任にあおるアメリカ社会を批判したアメリカ自然主義の代表的作品。1931年ジョセフ・フォン・スタンバーグ監督により、1951年には『陽のあたる場所』の題名でジョージ・スティーブンス監督により映画化されている。[大浦暁生]
『大久保康雄訳『アメリカの悲劇』全2冊(新潮文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アメリカの悲劇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アメリカの悲劇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation