@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アメリカン・シーン絵画【あめりかんしーんかいが】

日本大百科全書(ニッポニカ)

アメリカン・シーン絵画
あめりかんしーんかいが
American scene painting
広義にはアメリカの風景を描いた絵画のことで、1820年代に始まるハドソン・リバー派からウィンスロー・ホーマーやジ・エイトを経て1970年代のフォト・リアリズムまでを網羅する。狭義には20世紀初頭から1940年代前半までの都市や田園風景をよぶ場合と、中西部で1930年代に繰り広げられたリージョナリズムに限る場合とがある。しかし一般にはリージョナリズムを含めて1920年代から1930年代までの都市あるいは田園風景をさすことが多い。写実絵画はアメリカ絵画史を通してつねに主軸を形成しているが、1913年のアーモリー・ショー以降台頭した反モダニズムとナショナリズムの混合のうえに、社会意識が加味されて現れたアメリカ自身の自画像とみることもできる。また抽象系の画家もその潮流に巻き込まれている。経済大恐慌から第二次世界大戦にかけて展開された連邦美術計画の時代には、アメリカ絵画が自国の文化風土を積極的に描いたことで特記される。[桑原住雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アメリカン・シーン絵画」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アメリカン・シーン絵画の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation