@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アメリカン・リーグ【アメリカンリーグ】

世界大百科事典 第2版

あめりかんりーぐ【アメリカン・リーグ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アメリカン・リーグ
あめりかんりーぐ
American League

アメリカのプロ野球リーグの頂点にたつ、大リーグ(メジャー・リーグ)の一つ。1876年創設のナショナル・リーグ(ナ・リーグ)に対抗すべく、1900年に元新聞記者のバン・ジョンソンが中心となり、当時シンシナティ・レッドストッキングス監督のチャールズ・コミスキーらが協力してアメリカン・リーグ(ア・リーグ)が結成された。翌1901年からリーグ戦が始まり、当初は大都市に本拠地を置くボルティモア、ボストン、シカゴ、クリーブランド、デトロイト、ミルウォーキー、フィラデルフィア、ワシントンの8球団で構成された。

 その後、1950年代にチームの本拠地移転などでリーグ全体の人気が高まると、1961年に大リーグ史上初の球団数拡張を行い、ワシントン・セネタース(現、テキサス・レンジャーズ)、ロサンゼルス・エンゼルス(現、ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム)両球団が増えて10球団となった。続いて、1969年にカンザスシティ・ロイヤルズとシアトル・パイロッツ(現、ミルウォーキー・ブリュワーズ)の2球団が増えて12球団となり、同時に東西6球団ずつの地区制を採用した。さらに、1977年にトロント・ブルージェイズ、シアトル・マリナーズ両球団が増え、東西7球団ずつの14球団へ拡張。1994年には地区再編成を行い、東地区5球団、中地区5球団、西地区4球団の3地区制となった。そして、1998年にブリュワーズがナ・リーグへ移り、そのかわりに新興球団のタンパベイ・デビルレイズ(現、タンパベイ・レイズ)が誕生した。

 ナ・リーグに比べて、ア・リーグは歴史が浅いので、俗に「ジュニア・サーキット」とよばれる。また、伝統的なナ・リーグに対抗すべく、いくつか斬新(ざんしん)なアイデアを打ち出し、1973年には「投手は打席に立たずに打撃専門のバッターを起用する」という指名打者制度(DH制)を採用した。

[福島良一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アメリカン・リーグ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アメリカン・リーグの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation