@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アメーバ

デジタル大辞泉

アメーバ(amoeba)
肉質類の原生動物総称単細胞で、大きさは0.02~0.5ミリ。増殖分裂による。たえず形を変えて、仮足とよばれる原形質突起を伸ばして運動・捕食する。淡水・海水・土壌中に広くすみ、また寄生性で病原性をもつものもある。アミーバ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

アメーバ
 原生動物門の単細胞生物.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アメーバ【ameba】
肉質虫綱アメーバ目Amoebidaに属する原生動物の総称。淡水,海水,湿土中,コケ類の上,または動物の消化管に寄生するなど地球上に広く分布する。 体は1個の細胞からなり,外側はプラスマレンマplasma lemmaという薄い膜で包まれる。体の原形質は等質で透明な外質と,顆粒(かりゆう)が多く流動性のある内質とに区別される。内質には核,収縮胞,食胞,ミトコンドリアなどを含む。仮足(かそく)をだして運動するが,その際は体の後方の外質のゲルがゾル化して内質流となり,体の前方に向かって流動し,先端部のプラスマレンマが前方に膨らむ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アメーバ【Amöbe】
原生動物肉質綱、根足虫類の一群。体は一個の細胞からなり、分裂してふえる。大きさは0.02~0.6ミリメートル。一定の形をもたず、葉状の仮足を出して運動する。淡水・海水・土壌中にすむが、寄生するものもある。アミーバ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アメーバ
あめーば
ameba
普通には原生動物の肉質鞭毛虫(べんもうちゅう)門葉状仮足綱に属する無殻アメーバの総称。アミーバともよぶ。広義には有殻アメーバや有軸仮足類、あるいは他の動植物のアメーバ運動を行う細胞をさすこともある。[堀上英紀]

形態

体表はプラスマレンマとよばれる細胞膜で包まれ、運動器官として一時的な仮足を形成するのが特徴。また、仮足の形態が分類の標徴として重視される。細胞内は流動するゾル性の内質と、それを円筒状に取り巻くゲル性の外質とに分化している。内質中には核、食胞、ミトコンドリア、収縮胞や種々の顆粒(かりゅう)が含まれる。外質は尾部でゾル化し内質となって体の前部へ流れ、仮足先端のプラスマレンマを新生して突出させると同時に、先端両側の外質に積み重なり、ゲル化して仮足の付加成長を生ずる。この体の前端部と後端部でのゾル・ゲル転換に基づく細胞の移動がアメーバ運動である。[堀上英紀]

生態

淡水、海水、土壌中に広く生息し、寄生性で病原性を有するものもある。生活環の一時期に鞭毛を生ずる種や環境条件の変化でシスト(包嚢(ほうのう))をつくる種もある。増殖は有糸分裂で、普通、二分裂である。恒久的な口はなく、細胞内消化のため摂食法には、細菌、ほかの原生動物、藻類などを仮足で包み込み、食胞をつくって体内に取り入れる食作用と、液性栄養物をプラスマレンマを陥入させて取り込む飲作用とがある。[堀上英紀]

おもな種類

アメーバ・プロテウスAmoeba proteusは、淡水産のもっとも有名な種で、体長300~500マイクロメートル。前進中は体の前半部より1本から数本の仮足を出し、核は円盤状で1個。体の後部に1個の収縮胞をもつ。肉食性。ペロミクサ・パルストリスPelomyxa palustrisは、アメーバ類中最大の種で、体長5ミリメートルに達するものもある。単一仮足のソーセージ状で、多核であるがミトコンドリア、ゴルジ体、収縮胞をもたない。桿菌(かんきん)を細胞質中に共生させ、富栄養の黒色泥中によく生息する。雑食性で、体は普通暗褐色。半嫌気性。ネグレリア・グルベリNaegleria gruberiは、単一仮足型の小形土壌アメーバで、生活環の一時期に2本の鞭毛を生じて遊泳する。シストを形成。テカメーバ・ウエルコーサThecamoeba verrucosaは、外皮の厚いアメーバの代表種で、体長100~180マイクロメートル。移動中の外形は逆三角形。背側に体の前後軸に沿って数本のしわ状隆起がある。淡水産。フラベルラ・キタタFlabellula citataは、扁平(へんぺい)な扇形で、体長よりも体幅が大きい。顆粒(かりゅう)は体後部に集まるので、前半部は透明層で占められる。海産。[堀上英紀]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アメーバ
〘名〙 (amoeba)⸨アミーバ⸩ 根足虫類アメーバ目に属する原生動物の総称。体は単細胞からなり、大きさは〇・〇二~〇・五ミリメートル。透明な寒天状で、たえず体の形を変える。偽足とよばれる原形質の突起を出して運動し、食物をとる。沼、池などにすむほか、人体に寄生するものもある。オオアメーバ、ナメクジアメーバなどがある。あめむし。
※宗教座談(1900)〈内村鑑三〉七「最初にまずアメーバのやうな原生動物が出でてから」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アメーバ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アメーバの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation