@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アモルファス半導体【アモルファスハンドウタイ】

デジタル大辞泉

アモルファス‐はんどうたい〔‐ハンダウタイ〕【アモルファス半導体】
原子配列が、結晶のような規則性をもたない半導体アモルファスシリコンなど。薄膜の形成・加工が容易で、太陽電池の素子や光センサー・薄膜トランジスター・光メモリー素子に利用。非晶質半導体

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あもるふぁすはんどうたい【アモルファス半導体】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アモルファス半導体
あもるふぁすはんどうたい
amorphous semiconductor

規則正しい原子配列をもたない半導体。非晶質半導体ともいう。一般に固体結晶は、常温で低い電気抵抗をもち温度上昇とともに抵抗が上がる、いわゆる金属と、常温で比較的高い電気抵抗をもち温度上昇とともに抵抗が下がる、いわゆる絶縁物または半導体とに分類できる(ただし、半導体は常温での電気抵抗は金属と絶縁物の中間に位置する)。結晶性をもたない半導体を総称してアモルファス半導体とよぶ。おもなアモルファス半導体には、セレン、テルルなど16族元素を主要成分として含むカルコゲナイド系のものと、ゲルマニウム、シリコンなど4族元素を主要成分として含むテトラヘドラル系のものがある。

 アモルファス半導体は決まった結晶構造をもたないので、真空蒸着法、高周波スパッタ法、化学気相反応法などの薄膜形成技術を用いて、大面積の基板上に薄膜の形で堆積(たいせき)することができる。

[丸山瑛一]

用途

アモルファス半導体の利用は、1950年代にセレンを用いた電子写真感光膜や撮像管の光導電膜が開発されたことに始まる。とくに電子写真は複写機産業の基幹技術として大きく発展した。カルコゲナイド系のアモルファス半導体は可逆光メモリ材料として光ディスクに用いられた。1975年にpn制御ができるテトラヘドラル系の水素化アモルファスシリコンが新しい半導体材料として注目され、その後、実用化の研究が進み、光センサー、電子写真などの感光材料や薄膜太陽電池、薄膜トランジスタ(TFT)材料として広く利用されている。とりわけアモルファスシリコンTFTは低温多結晶TFTと並んで液晶テレビや携帯電話、デジタルカメラなどのディスプレー用素子として巨大な市場を占有している。

[丸山瑛一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アモルファス半導体
アモルファスはんどうたい
非晶質半導体」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アモルファス半導体」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アモルファス半導体の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation