@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アモルファス

デジタル大辞泉

アモルファス(amorphous)
原子分子が不規則に密集している状態。また、その物質。ガラス・ゴムなど。非晶質無定形物質

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あもるふぁす【アモルファス】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

アモルファス
〘名〙 (amorphous 「無定形の」の意) 原子(または分子)が結晶と違って規則正しく配列しないで集合している固体物質をいう。ゴムやガラス状態の固体など。硫黄も各種のアモルファスが知られている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

アモルファス
アモルファス
amorphous

非晶質状態のアモルファス固体は,過冷却液体が凍結した熱力学的非平衡相である.結晶にみられる長距離秩序がないことから,X線回折ではハローとよばれる緩慢なピークが観測される.近接する原子間では短距離秩序をもち,隣接原子の配位数結合距離角度で特徴づけられる.代表的な酸化物ガラスである石英ガラスの短範囲構造はSiO4四面体であり,これら四面体を連結する複員環が長範囲の不規則網目構造を形成する.アモルファス金属の短範囲構造は,剛体球を無秩序に詰め込んだ最密無秩序充填であり,これら剛体球の頂点を結ぶ多面体が三次元的に連結する.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アモルファス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アモルファスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation