@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アモン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アモン
Ammon, Alfred
[生]1883.6.1.
[没]1962
オーストリアの経済学者。ウィーン大学に学び,フライブルク,チェルノビッツ,グラーツ,プラハ,東京 (1926~29) ,ベルンの各大学教授を歴任。オーストリア学派から出発し,価格理論については G.カッセルにかなり近い立場を取り,一般均衡理論の普及に貢献。日本の近代経済学史の揺籃期にあって,若手研究者を育てた功績も大きい。主著『理論経済学の対象と基礎概念』 Objekt und Grundbegriffe der theoretischen Nationalökonomie (11) ほか多数。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アモン
Amon
古代エジプトの主神の一柱。アモンとは「神秘」の意。アメンともいう。元来テーベの地方神にすぎなかったが,第 12王朝がテーベを首都として統一王国をつくった頃,その崇拝は全エジプトに広がり,ヘリオポリスの最高太陽神レーと融合し,アモン・レーと呼ばれ「神々の王」となった。この点から,ギリシア人は彼をゼウスと同一視した。アモンの勢力は新王国にいたり頂点に達したが,イクナートンの宗教改革で影をひそめ,再び王の死後復活し第 21王朝時代には,アモンの最高祭司がテーベの祭司の先頭に立った。配偶者はムートという雌ライオンの頭をもつ神々の母。初め羊頭の神として表され,中王国後は一対の長い羽飾りを頭に載せ,顎ひげを垂らした人間の形で表された。聖獣は雄ヒツジとナイルのガチョウ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アモン(Amon)
古代エジプトで最も広く崇拝された神。テーベ守護神でもあり、しばしば太陽神ラーと結合してアモンラーとよばれる。アメン。アンモン
[補説]古代エジプトでは、2本の大きな羽飾り頂く人物、あるいは牡羊の頭をもつ人物として表された。古代ギリシャでは最高神ゼウスと同一視され、頭に羊の角をもつ人物として表現されている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

アモン Amonn, Alfred
1883-1962 オーストリアの経済学者。
1883年6月1日生まれ。大正15年東京帝大にまねかれて来日。昭和4年まで滞在して近代経済学をおしえた。1962年11月2日死去。79歳。ウィーン大卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

アモン【Alfred Amonn】
1883‐1962
スイスの経済学者。オーストリア生れ。1907年ウィーン大学卒業後フライブルク,プラハ大学その他,また東大(1926‐29)でも経済学を講じ,のちスイスのベルン大学教授となった(1929‐53)。彼の功績は,ウィーン学派とG.カッセルとを折衷した価格理論を提示し,カッセルに従って一般均衡理論を紹介し普及させたことにある。彼の主著《国民厚生経済学原理》第1巻(1926)は当時におけるすぐれた経済原論のテキストとして広く読まれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

あもん【アモン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アモン【Amon】
古代エジプトの神。テーベの守護神。しばしば太陽神ラーと習合し、アモンラーとも呼ばれた。アメン。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

アモン
生年月日:1883年6月1日
オーストリアの経済学者
1962年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アモン
生年月日:1842年12月7日
ドイツの人類学者
1916年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アモン
(Amon) エジプト神話の神でテーベ市の守護神。しばしば太陽神ラーと結合してアモンラーとよばれる。アメン。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アモン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アモンの関連情報

関連キーワード

新藤兼人森一生サンフランシスコ・ジャイアンツトリュフォーコーマン川島雄三[各個指定]工芸技術部門チェコ文学[各個指定]芸能部門

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation