@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アラウカノ

世界大百科事典 第2版

アラウカノ【Araucano】
チリ中部の土着民族の総称。南緯30゜から43゜のあたりに居住し,ビオビオ川以北はピクンチェ族,以南にはマプチェ族ウィリチェ族がいた。温暖な気候に恵まれ,アンデス文明の影響で農耕と家畜飼育を生業として,大きな人口を擁した。16世紀の人口は50万~150万人と推定され,20世紀中ごろでも20万人くらいである。農耕ではトウモロコシジャガイモを主作物とし,マメカボチャトウガラシ,その他ムギに似た穀類を栽培し,リャマ(ラマ)と犬を飼育した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アラウカノ
あらうかの
Araucano
南アメリカ、チリ中南部と、アンデス山脈を越えたアルゼンチンに住む先住民集団の総称。アルゼンチンのアラウカノは白人との接触以後チリから移住したものである。ピクンチェPicunche、ウィジチェHuilliche、マプーチェMapucheの三つの集団に分けられるが、ピクンチェは17世紀末までにスペイン軍に敗れて同化され、ウィジチェは周囲の混血チリ人と文化的に区別がつかなくなっており、いまだにある程度伝統を保っているのは保留地に住むマプーチェだけである。マプーチェはインカ帝国の軍隊を撃退し、スペイン人に対しても激しく抵抗した。マプーチェの抵抗は1882年まで続いたが、その後は保留地に住み、かつてのように小さな村を移動させることなく1か所に定着している。このマプーチェは、南アメリカに残る数少ない先住民大集団の一つであり、マプーチェの人口はチリに50~100万人、アルゼンチンに6万人、ウィジチェは3万人ほどである。若者の間には、町に出て教育を受けたり、仕事を探したりする傾向が強まり、チリの首都サンティアゴにも数万人のマプーチェが住む。[木村秀雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アラウカノ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アラウカノの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation