@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アラウンパヤー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アラウンパヤー
Alaungpaya
[生]1714
[没]1760. アユタヤ
ビルマ,コンバウン朝の創始者 (在位 1752~60) 。この王朝は彼の名にちなんでアラウンパヤー朝ともいう。ビルマ南部のモン族が 1752年にタウングー朝の王都アバを占領したとき,その 80kmほど北のシュエボウ地方の首領であった彼は自衛軍を組織してモン族を撃退した。彼はやがて国王に迎えられ,南進を開始して 57年にはペグーを陥落させ,モン族を完全に鎮圧した。タイのアユタヤを包囲し,攻撃を開始する直前に大砲の砲身爆発による負傷がもとで死去した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アラウンパヤー【Alaungpaya】
1714‐60
ビルマ(現ミャンマー)のコンバウン朝の創始者。幼名アウンゼーヤ。上ビルマの猟師村モウソーボーに村落首長の次男として生まれる。1752年のタウングー朝滅亡に際し,村の周囲に防柵をめぐらし,その外にを掘ってモン軍の降伏要求を拒否,周辺46ヵ村の村落首長を糾合してモン軍の再度の包囲攻撃にも果敢に抵抗,逆にモン軍を撃破した。54年1月アバを奪取,チャウミャウンでの戦闘に勝利を収めると,下ビルマの攻撃に転じ,55年3月ダガンを陥れてラングーン(敵の殲滅)と命名

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アラウンパヤー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アラウンパヤーの関連情報

関連キーワード

ハノーバー朝イギリス史(年表)ハモンドハモンドジョン・L.L.B. ハモンド前古典派音楽ハノーバー家ハノーバー朝山県周南ミッチェル

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation