@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アラスの和約【アラスのわやく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アラスの和約
アラスのわやく
Treaty of Arras
(1) フランス王シャルル6世とブルゴーニュ公ジャン (無畏公) との約 (1414) 。 (2) フランス王シャルル7世とブルゴーニュ公フィリップ (善良公) との和約 (1435.9.21.) 。百年戦争終結へと導いたものとして重要。 (3) フランス王ルイ 11世とのちの神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世との和約 (1482.12.23.) 。旧ブルゴーニュ公領をめぐる争いで,これによりルイ 11世はすでに入手していたブルゴーニュ地方に加え,ピカルディー地方を獲得

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あらすのわやく【アラスの和約】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アラスの和約
あらすのわやく
1435年、フランス王シャルル7世とブルゴーニュ侯フィリップとの間に締結され、実質的に百年戦争を終結させた条約。アザンクールの戦い(1415)以後イングランド軍がノルマンディーを支配した。1419年、追い詰められたアルマニャック派はブルゴーニュ侯ジャンを謀殺して、ロアール河畔に逃れ、ブールジュに政庁を構えた。新ブルゴーニュ侯フィリップ2世はイングランドのランカスター王家との同盟策をとり、1420年トロアTroyesの和約を実現せしめた。1422年、その和約に基づいて、イングランド国王ヘンリー5世の息子ヘンリーが「イングランドとフランスの王」を称した。ヘンリー6世である。1420年代、フィリップはネーデルラント方面に関心を移し、パリにはヘンリーの名代ベドフォード侯ジョンが政庁を構えた。ブールジュの王太子シャルルはしだいにその党派的色彩を洗い落とし、フランス王としての自覚に目覚めた。1429年のオルレアンの攻防が転換点となって、シャルルは攻勢に転じたが、ランカスター家との性急な対決は避け、まずブルゴーニュ侯との和解を図った。
 1435年夏、アルトア(フランス北部)のアラスArrasで国際会議が開かれた。いわば「15世紀のウィーン会議」である。会議をリードしたのは王太子、いまやバロア王家のシャルル7世であり、そのねらいとしたブルゴーニュ・バロア単独講和が実現され、ランカスター家は局外に置かれた。まずブルゴーニュ家と和してのち、ランカスター家にあたる。この方針は、同時に、ネーデルラント方面に伸張してフランス王国から離脱しようとする傾きをみせたブルゴーニュ侯家を、王家の統制内につなぎ止めることをねらったものであった。9月20日に成立した和平協定は、バロア家がブルゴーニュ侯ジャンの謀殺について謝罪し、フィリップ一代についてフランス王家への臣従礼を特免し、ソンム川流域諸都市に対する上級領主権の譲渡を含む領土の割譲を侯家に約するものであり、バロア家としては、この譲歩によって、侯家のフランス王国からの離脱を阻止しえたのである。[堀越孝一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アラスの和約」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アラスの和約の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation