@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アラニン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アラニン
alanine
(1) α-アミノプロピオン酸 化学式 CH3CH(NH2)COOH ,略号 Ala 。普通はアラニンといえばこの物質をさす。アミノ酸の一種で,L 体は多くの蛋白質にその構成成分として含まれ,ムラサキウマゴヤシ (マメ科) 中には遊離状態で含まれている。L 体の融点 297℃ (分解) ,DL 体の融点 293℃ (分解) 。 (2) β-アミノプロピオン酸 β-アラニンともいう。化学式 H2NCH2CH2COOH 。融点 200℃。パントテン酸カルノシンアンセリンなどの構成アミノ酸で,茶の葉,マメ科植物の根粒,ブタ,イヌ,ウシの大脳組織中に存在し,生物学上重要なアミノ酸である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アラニン(alanine)
アミノ酸の一。たんぱく質の構成成分で、生体内ではピルビン酸から合成される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

アラニン
 C3H7NO2 (mw89.09).

 可欠アミノ酸の一つ.ピルビン酸がアミノ化された形であることから,エネルギー代謝とアミノ酸代謝を連結する鍵となるアミノ酸.例えば,骨格筋から肝臓へ窒素を運搬する場合,グルコースが酸化されてピルビン酸となり,それがアミノ化されてアラニンとなって骨格筋から放出される.肝臓では,アミノ基が転移してピルビン酸となり,グルコースが糖新生経路で再生されて骨格筋へ運ばれるというグルコース-アラニンサイクルの概念も提出されている.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典

アラニン【alanine】
アミノ酸の一種で、非必須アミノ酸。広くたんぱく質に普遍的に含まれ、肝臓のエネルギー源として重要な役割をもつ。旨み甘味をもち、他の旨み成分との相乗効果によって旨みが増強されるほか、肝機能の改善効果、下痢によって失われた水分補給、脂肪燃焼効果、皮膚更新の促進などの作用をもつ。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

アラニン【alanine】
タンパク質構成アミノ酸の一。すべてのタンパク質に豊富に含まれる。生体内でピルビン酸から合成され、トリプトファンの代謝過程でも生じる。異性体はタンパク質は構成しないが、パントテン酸や補酵素などの成分をなす。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アラニン
あらにん
alanine
アミノ酸の一つ。略号はAlaまたはA。α(アルファ)-アラニンの化学式はCH3CH(NH2)COOHで、分子量89.09。天然に発見される以前に、ドイツの有機化学者ストレッカーAdolph Friedrich Ludwig Strecker(1822―1871)が1850年にアセトアルデヒドから合成し、アルデヒドaldehydeの最初の2文字をとってalanineと名づけた。L-アラニンはタンパク質の構成成分で、とくに絹フィブロインでは全アミノ酸の27%含まれている。L-アラニンは絹フィブロインの加水分解物から分離精製される。遊離の状態ではムラサキウマゴヤシに存在する。人間にとっては非必須(ひひっす)アミノ酸である。生体内ではピルビン酸から合成され、このピルビン酸を経て、TCA回路(トリカルボン酸回路)に通ずる。分解点はL体が297℃、D体が293℃。水に溶けやすく、アルコールには溶けにくい。
 β(ベータ)-アラニンの化学式はNH2CH2CH2COOHで、分子量89.09。タンパク質中にはない。パントテン酸、カルノシン(β-アラニル-L-ヒスチジン。種々の動物の骨格筋に存在する)、アンセリン(N-β-アラニル-1-メチル-L-ヒスチジン。各種の動物や魚類の筋肉中に存在する)、補酵素Aの構成成分として存在するほか、マメ科植物の根粒(こんりゅう)やイヌ、ブタ、ウシなどの大脳に遊離の状態で存在し、生物学上重要なアミノ酸である。分解点196℃。水に非常に溶けやすく、アルコールには溶けにくい。[降旗千恵]
『厚生省薬務局監修『医師・歯科医師・薬剤師のための医薬品服薬指導情報集(5)』(1996・日本薬剤師研修センター、薬業時報社発売) ▽東野一弥・山本章編『代謝疾患3 糖質・アミノ酸代謝異常』(1996・中山書店) ▽松尾収二監修、前川芳明編『臨床検査ディクショナリー』(1998・メディカ出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アラニン
〘名〙 (alanine) タンパク質の成分となるアミノ酸の一種。非必須アミノ酸の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

アラニン
アラニン
alanine

C3H7NO2(89.10).通常,L-α-アラニンCH3CH(NH2)COOHをさすが,β-アラニンNH2CH2CH2COOHも存在する.L-α-アラニン(2-aminopropionic acid):略号AlaまたはA.動物,植物のタンパク質構成アミノ酸として,または遊離の状態で広く分布している.そのほか,一般式RCH2CH(NH2)COOH(Rは炭化水素基)で示されるアラニンの誘導体も多く存在する.絹フィブロインの25% を占め,くずまゆからエチルエステルとして分離できる.工業的には,発酵法でつくられているが,D,L-アラニンはアセトアルデヒドからシアン化水素とアンモニアを用いるストレッカー(Strecker)法で合成される.斜方晶系(水).分解点297 ℃.+8.5°(アラニン塩酸塩).pKa1 2.34,pKa2 9.69.pI6.00.甘味がある.必須アミノ酸ではなく,清酒の味つけに用いられる.[CAS 56-41-7]【】β-アラニン(3-aminopropionic acid):略号β-Ala.タンパク質構成成分としてではなく遊離の形で,またはパントテン酸,コエンザイムAカルノシンアンセリンなどのなかに含まれる.アクリル酸アクリロニトリルとアンモニアから合成される.淡い甘味のある斜方晶系(水).分解点197~198 ℃.水に易溶,有機溶媒に不溶.パントテン酸製造原料.[CAS 107-95-9]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アラニン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アラニンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation