@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アラファト

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アラファト
Arafat, Yasser
[生]1929.8.24. エジプト,カイロ?
[没]2004.11.11. フランス,パリ
パレスチナ解放機構 PLOの指導者。第1次中東戦争 (→パレスチナ戦争 ) 後,カイロ大学工学部在学中にパレスチナ学生同盟議長となる。 1957年クウェートに移り,建設技師として働くかたわらゲリラ組織ファタハに参加し,1968年議長に就任。 1969年 PLO議長となり,以後,複雑な中東情勢の変転と組織内抗争のなかで国際的にパレスチナを代表する顔として,パレスチナ人の民族的権利回復のために活躍。 1974年以降,PLOは国連オブザーバーの地位を認められ,1976年以降アラブ首脳会議の正式メンバーとなった。 1982年イスラエルのレバノン侵攻により本拠をチュニジアのチュニスに移したあとも,世界各地でパレスチナの大義を訴え続けた。 1988年パレスチナ民族評議会でパレスチナ国家独立を宣言 (→パレスチナ国家問題 ) ,翌 1989年パレスチナ国家の大統領に選任される。湾岸戦争でイラク寄りととれる姿勢を示したため苦境に立ったが,1993年イスラエルとの間で相互承認を実現,パレスチナ暫定自治協定の調印に導いた。 1994年中東和平における歴史的和解への道を開いたとして,イスラエルのイツハク・ラビン首相,シモン・ペレス外務大臣とともにノーベル平和賞を受賞。 1996年パレスチナ暫定自治政府議長に就任。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アラファト(Yāsir ‘Arafāt)
[1929~2004]パレスチナ解放機構(PLO)の指導者。エルサレムの生まれ。1969年にPLO議長に就任。イスラエルとの間でパレスチナ人の暫定自治を実現させ、1994年ノーベル平和賞を受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アラファト
あらふぁと
Yāsir ‘Arafāt
(1929―2004)

パレスチナ・アラブ抵抗運動の指導者、政治家。エルサレム生まれ。1956年カイロ大学卒業。1951~1957年ガザのパレスチナ学生連盟の委員長。1957年エジプト軍予備将校となる。1957~1960年技術者としてクウェートに赴く。パレスチナ解放機構(PLO)の一組織ファタハFatah(アル・ファタハともいう。パレスチナ解放運動を表すアラビア語Harakat al-Tahrir al-Filastiniの頭文字を逆に読んだもの、アラビア語で勝利という意味もある)を率い、1968年にそのスポークスマンとなり、1969年にはPLOの議長に就任、以降、PLOの中心的人物として活躍する。1974年10月第四次中東戦争後のラバト首脳会議で、PLOがパレスチナ人の唯一正当な代表であることを認めさせ、1974年11月国連総会に初めて出席した。イスラエルの存在を否定することは不可能であるとの現実的認識にたち、パレスチナ問題の政治的解決を図ろうとしたが、最後まで武力闘争を主張する過激派との間に摩擦を生じた。1981年(昭和56)10月来日(その後も、1989年10月、1996年9月、1999年4月・10月、2000年8月に来日)。1982年6月のイスラエル軍のレバノン侵攻の結果、1982年8月、拠点であったベイルートからの撤退を余儀なくされた。1993年9月にパレスチナ暫定自治合意(オスロ合意)をイスラエルと交わし、1994年にノーベル平和賞を受賞する。1996年1月に行われたパレスチナ自治選挙により、パレスチナ自治政府(PA)の長官(ライースRais)となった。1998年10月、アメリカの大統領クリントンの仲介で、イスラエル首相ネタニヤフとの中東和平実施の交渉に入り、合意文書(ワイ合意)に調印した。しかし、その後2001年に、対パレスチナ強硬派の右派政党リクードの党首シャロンがイスラエル首相となると、オスロ合意は崩壊。2002年3月以降、アラファトは、ヨルダン川西岸ラマッラーでの軟禁状態が続いていた。2004年10月体調をくずし病気治療のため同月29日パリに移り、ペルシー軍病院に入院。しかし、まもなく容態が悪化、11月初旬から昏睡(こんすい)状態となり、そのまま同月11日に死去。エジプトのカイロでの葬儀を経て、ラマッラーに埋葬された。本人は、生前、聖地エルサレムへの埋葬を希望していた。

[木村喜博]

『佐々木伸著『レバノン戦争――アラファトの90日』(1984・共同通信社)』『M・カパーナ著、村上能成訳『パレスチナ五十年の悲願――PLOアラファト議長会見記』(1991・日本テレビ放送網)』『ジャネット・ワラク、ジョン・ワラク著、読売新聞社外報部訳『中東の不死鳥アラファト』(1992・読売新聞社)』『臼杵陽著『中東和平への道』(1999・山川出版社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

アラファト
Yāsir ‘Arafāt
1929〜2004
パレスチナ解放機構(PLO)第3代議長(在任1969〜2004)
イェルサレムに生まれ,難民生活をおくるが,カイロ大学で工学を学ぶ。パレスチナ学生連盟議長をへて,1956年アル−ファタハ(パレスチナ民族解放運動)を創設,武装ゲリラ活動を展開,イスラエル建国は無効であり,パレスチナの完全解放を主張した。1974年PLOはアラブ首脳会議でパレスチナ人を代表する唯一正統の機関とされ,国連総会でオブザーバーの資格が与えられた。1982年イスラエルによるレバノン戦争によってPLOはベイルートを撤退しチュニスへ移るが,アラファト議長の指導権をめぐって内紛が勃発した。しかし彼は圧倒的な支持を受け指導権を回復した。1988年PLOはイスラエルの生存権を認める国連決議を認め,イスラエル占領地区におけるパレスチナ国家の樹立を宣言した。1990年勃発した湾岸戦争においてサダム=フセインを支持したため,湾岸諸国からの資金援助が絶えるなど窮地に陥ったが,93年ワシントンでイスラエルのラビン首相とパレスチナ暫定自治協定を結び,ガザ地区とイェリコで先行的に自治を認め,その後徐々に自治を拡大するという取り決めを交わした。その結果1994年にはアラファトとラビンにノーベル平和賞が与えられた。1996年パレスチナ自治政府議長に選ばれた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アラファト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アラファトの関連情報

関連キーワード

清水宏斎藤寅次郎マキノ雅広稲垣浩島津保次郎内田吐夢小津安二郎溝口健二五所平之助大恐慌

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation