@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アラム人【アラムじん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アラム人
アラムじん
Aramaeans
セム系遊牧民族の一部族。前 14世紀頃メソポタミアからシリアにかけて広く分布した。記録にはアッシリアティグラト=ピレゼル1世の碑文に現れたのが最初。前 1030年ベンハダド2世はメソポタミア南部のアラム人を率い,アモリ人エドム人,北部メソポタミアのアラム人と同盟してイスラエルと戦い,ダビデに敗れたが,アラム人は前 10世紀の間にシリアにあった後ヒッタイトの諸都市の多くを占拠。しかし前 853年アッシリアのシャルマネゼル3世はアラム,フェニキア,イスラエル,ハマトの連合軍と戦い,前 838年中部ユーフラテスのアラムの地を奪取。ティグラト=ピレゼル3世は前 740年北シリアのアラム拠点アルパドを,前 734年にはサマリアを,前 732年にはダマスカスを落し,サルゴン2世が前 720年ハマトを制圧したことにより,西方におけるアラムの諸王国は滅亡した。チグリス川下流域のアラム人はなお独立を保ち,カルデアの将ナボポラッサルが前 626年バビロニア王となりメディア,スキタイと結んでアッシリアを滅ぼしたが,この頃からアラム人,カルデア人は混交した。アラム人は陸上のフェニキア人といわれ,商業にたけ,その言語,文化を普及させた。前8世紀アラム語はアッシリア帝国をはじめ,西アジアにおける通商の際の公用語となり,旧約聖書の一部にも書かれており,イエスも,異説はあるが,アラム語を話したとされている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アラムびと【アラム人 Arameans】
前2千年紀末から前1千年紀前半にかけて東はエラムから西はレバノン山麓まで広範囲にわたって行動したセム系半遊牧民。前11世紀ころアラム人はユーフラテス川およびハブル川流域を占拠していくつもの王国をつくり,アッシリア帝国の西漸を妨げる最大の障害となった。アラム人の国はBit‐Adini,Bit‐Agusi,Bit‐Halupeなど〈家〉を意味する単語Bitとそれぞれの国の王朝の創始者の名前とによって合成されるのが普通である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アラム人
あらむじん
Aramaeans
アモリ人、フェニキア人とともに西セム系に属する遊牧民族。紀元前15世紀のアマルナ時代から始まる民族大移動の波によって、前11世紀ごろから前8世紀ごろまでシリア北部からメソポタミア北部に定着し、ここを根拠として、商業民族として四方に進出した。『旧約聖書』やアッシリアの記録では強力な略奪者とされている。アッシリアのティグラト・ピレセル1世の前11世紀の碑文で、アラム人の名前が初めて現れる。前11世紀末、アラム人はシリア北部のユーフラテス川の両岸にビト・アディニという王国をつくり、ハーブール川流域からダマスカスを含むアンティ・レバノン山脈地域までを領有した。バビロンでも前9世紀にカルデア人(アラム系遊牧民)として知られる王国をつくったが、最終的に前8世紀にはアッシリア帝国によって滅ぼされた。しかし、アラム語はアッシリア時代にすでに国際商業語であり、その文字は西アジアで広く用いられた。[糸賀昌昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

アラム人
アラムじん
Aramaeans
西セム語族系の遊牧民
原住地のアラビアから前1300年ごろシリアに移住して,ダマスクスを建設。東西間の内陸貿易を独占して繁栄したが,前8世紀末,アッシリアに滅ぼされた。しかし,その言語・文字は紀元後まで広くオリエント全域で使われた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アラム人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アラム人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation