@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アラム文字【アラムモジ】

デジタル大辞泉

アラム‐もじ【アラム文字】
Aramaic letter》北セム系の表音文字子音だけを表す22文字からなり、アラビア・ヘブライ・シリア、さらにソグド・ウイグル・モンゴルなど各文字の母体となった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アラムもじ【アラム文字】
広義では古アラム語からシリア語までのアラム語群の記録に見える文字の総称。前9~前7世紀の古アラム語は,当時のシリア・パレスティナ地方共通の文字体系であった北西セム文字(いわゆるフェニキア文字)で書かれ,以後のアラム文字はすべて,この文字体系から変化したものである。後期アラム語では各方言ごとに多少とも異なる字形を示し,方言名に従ってサマリア文字,パルミュラ文字,ナバテア文字,シリア文字等と呼ばれる。それゆえ狭義では,アラム語が比較的に統一を保っていた帝国アラム語時代の,上記諸文字の母胎となった文字を,アラム文字と呼ぶ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

アラム文字
アラムもじ
Aramaic script
古代西アジアでアラム人が使った文字
22字の子音よりなるアルファベット文字で,アラム語とともに広まり,前1000年紀後半には楔形 (くさびがた) 文字に代わって全西南アジアで使われ,母音記号も作られた。ヘレニズム以後さらに東方に広まり,突厥 (とつけつ) 文字・ソグド文字のもととなり,さらにウイグル文字をへてモンゴル文字満州文字につながっている。また,西アジア地方でもこの系統からアラビア文字が成立した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アラム文字」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アラム文字の関連情報

関連キーワード

岩井俊二ねじれた文字、ねじれた路ペテロの手紙アラム語アラム語アラム語orange岩井俊二LCLT

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation