@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アラリック【あらりっく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

アラリック
あらりっく
Alaric
(370ころ―410)

西ゴートの王(在位395~410)。ビザンティン帝国領トラキアに定住した西ゴート人の一部から王に推された。配下の臣民を率い、新しい定住地を求めてバルカン半島の各地を荒らしたのち、ビザンティン帝国皇帝アルカディウスからイリリクム(アドリア海東岸)地方の支配を認められた。401年以降しばしば西ローマ領に侵入、西ローマの事実上の支配者スティリコと戦った。スティリコが殺害されると、409年ローマ知事アッタルスを皇帝ホノリウスの対立皇帝にたてたが翌年これを廃して、ホノリウスに提携を求め、拒否されると、ローマ市を占拠、3日間にわたり市内を略奪した。さらに北アフリカに渡るべく南イタリアに進んだが嵐(あらし)に阻まれ、北に転じた直後、コゼンツァ付近で急死した。

[平城照介]

『P・クルセル著、尚樹啓太郎訳『文学にあらわれたゲルマン大侵入』(1974・東海大学出版会)』『P・リシェ著、久野浩訳『蛮族の侵入』(白水社・文庫クセジュ)』『H・シュライバー著、岡淳・永井潤子・中田健一訳『ゴート族』(1979・佑学社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

アラリック
Alaric
370ごろ〜410
西ゴート族の王(在位395〜410)
ローマ皇帝テオドシウス1世と同盟を結んでいたが,その死後王と称す。東ローマ(ビザンツ)帝国に侵入後,西ローマ帝国に鉾先を代え,410年ついにローマ市に侵入略奪。さらにアフリカ遠征に向かう途上,南イタリアで水死した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アラリック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アラリックの関連情報

関連キーワード

西ローマ帝国アラリック1世アラリック[1世]ルフィヌスアラリック[1世]ゾシモステオドシウスエウトロピウスコリントス戦争

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation