@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アラン(伯家)[スコットランド]【アラン[はくけスコットランド]】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アラン(伯家)[スコットランド]
アラン[はくけスコットランド]
Arran, Earls of
おもにハミルトン家によって継承されたスコットランド貴族の家柄。 1467年トマス・ボイドが叙せられたのに始るが,彼の未亡人ハミルトン家に再婚したため,以後称号は同家に移り,彼女の子ジェームズ (1477?~1529) がハミルトン系の初代伯になった。彼はジェームズ5世の幼少時代には摂政に準じる地位にあった。その長男の2代伯ジェームズ (75没) もメアリー・スチュアートの在フランス時代に摂政となり,ジェームズ6世 (イングランド王としては1世) 治世初期にも摂政会議の一員に選ばれた。その子の3代伯ジェームズ (30~1609) はメアリー・スチュアートの花婿候補の一人であったが,晩年は精神の健康を害したため,いとこのジェームズ・スチュアートがアラン (伯)を称したが,1609年3代伯の死後の2代ハミルトン侯ジェームズ (1589~1625) が継承し,ハミルトン (侯・公家)に吸収された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アラン(伯家)[スコットランド]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アラン(伯家)[スコットランド]の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation