@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アラン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アラン
Alain
[生]1868.3.3. モルターニュ
[没]1951.6.2. パリ近郊ルベジネ
フランスの哲学者。本名 Émile-auguste Chartier。各地の高校教授を歴任し,ルーアンでプロポ proposと題する短文を新聞に毎日寄稿し,これがやがて著作の様式の柱となった。のちにパリのアンリ4世高校教授となり,第1次世界大戦を予告し,開戦とともに一兵卒として従軍,戦場で『精神と情熱とに関する八十一章』Quatre-vingt-un chapitres sur l'esprit et les passions(1917),『芸術の体系』Système des beaux-arts(1920)を書いた。ジュール・ラニョーの影響を受け,ルネ・デカルトやベネディクトゥス・デ・スピノザに傾倒する合理主義者であるが,独断的体系を拒み,短文をもって人々の思索を促すモラリストであった。アランのいう理性は単に哲学の原理にとどまらず,生全体の根底となる良識であった。著作は広い領域にわたり,哲学者のみならず文学者にも深い影響を残している。ほかの著作に『幸福論』Propos sur le bonheur(1928),『イデー』Idées(1932),『わが思索のあと』Histoire de mes pensées(1936)など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アラン
Arun
イギリスイングランド南東部,ウェストサセックス県南部の地区。アラン川流域,イギリス海峡に臨む。北部白亜サウスダウンズ丘陵があり,海岸平野にはボグナーリージス,リトルハンプトンなどの海浜保養地がある。歴史の古い町アランドル近郊には,1066年のノルマン・コンクェスト直後に建設されたアランドル城がある。面積 221km2人口 14万787(2001)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アラン(Alain)
[1868~1951]フランスの哲学者・モラリスト。本名、エミール=オーギュスト=シャルチエ(Émile Auguste Chartier)。合理主義の立場から、哲学のみならず道徳・芸術・教育・政治などの諸分野で人間性を称揚。著「精神と情熱に関する81章」「幸福論」「人間論」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)

アラン
フランスのオルガニスト、作曲家。パリ音楽院ではG.コサード、P.デュカス続き

出典:(社)全日本ピアノ指導者協会

デジタル大辞泉プラス

アラン
1934年製作のイギリス映画原題《Man of Aran》。アイルランドの孤島アラン島での厳しい自然と闘い生きる人々を描く。監督:ロバート・フラハティ

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アラン【Alain】
1868‐1951
フランスの哲学者,モラリスト。本名Émile‐Auguste Chartier。20世紀の前半に活躍したフランスの代表的知性のひとりとして,ベルグソン,バレリーと並び称され,日本の読書人への影響も大きい。ノルマンディー地方のモルターニュの生れ。高校時代の師ジュール・ラニョーの実践的合理論に大きな影響を受け,スピノザにまず傾倒した。その後,デカルト,プラトンカント,コントなどを詳しく読んで自己の立場を固めていった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

20世紀西洋人名事典

アラン
Alain


1868.3.3 - 1951.6.3
フランスの哲学者,教師,評論家。
モルターニュ(ノルマンディー地方)生まれ。
本名エミール・オギュスト・シャルティエ。
リセ・ミシュレ校でJ.ラニョーの実践的合理論に影響を受け、スピノザに傾倒し、ついでデカルト、カントらから多くを学ぶ。1906年アランの筆名で雑誌に「プロポ」形式で短文の評論を発表する。’10年アンリ4世高校の教師となり、独特の人間教育を行い優れた弟子を育成し、晩年には家を解放し、国民的教育者として活躍する。デカルト的な人間主義を現代に生かしたモラリストである。’51年国民文学大賞を受賞する。

出典:日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

アラン
生年月日:1868年3月3日
フランスの哲学者
1951年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アラン
(Alain) フランスの哲学者、批評家。本名エミール=オーギュスト=シャルチエ。デカルト的な合理主義者。著に「芸術論集」「スタンダール」「教育論」「幸福論」など。(一八六八‐一九五一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アラン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アランの関連情報

関連キーワード

戊辰戦争早竹虎吉(初代)明治東京(都)ブートレロフ津田ブハラ・ハーン国ブラームスブルックナー柳河春三

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation