@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アリアドネ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アリアドネ
Ariadne
ギリシア神話の女神。もとはクレタ王ミノスパシファエ長女であったが,ミノタウロス退治にクレタ島に来たテセウスに恋し,彼に導きの糸を持たせて,怪物を退治したあと迷宮から脱出できるようにしてやった。このあと彼女はテセウスとともにクレタから出奔するが,アテネに向う航海の途中でナクソス島に置去りにされ,そこでディオニュソスと結婚して神々の仲間入りを許されたという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アリアドネ(Ariadnē)
ギリシャ神話で、クレタ島の王ミノスの娘。怪物退治に迷宮へ入るテセウスに、脱出用の糸を与えたことから、難問を解決する鍵を「アリアドネの糸」という。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ありあどね【アリアドネ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アリアドネ
ありあどね
Ariadnē

ギリシア神話におけるクレタ島の王ミノスとパシファエの娘。アテネの英雄テセウスがこの島を訪れたとき、彼に恋をしたアリアドネは、迷宮ラビリントスへの道案内に糸玉を与え、英雄の怪物ミノタウロス退治を助けた。糸をたどってラビリントスを脱出したテセウスは、アリアドネとともにナクソス島へ逃れたが、ここでテセウスは浜辺で眠るアリアドネを置き去りにした。しかし、そのあとその島にやってきたディオニソス神が彼女を愛し、妻としてオリンポスへ連れ帰った。ディオニソスは彼女に金の冠を与えたが、のちにその冠は星座(かんむり座)となった。アリアドネはディオニソス神との間に、トアス、スタフィロス、オイノピオン、ペパレトスなどの子をもうけたが、一説ではディオニソスの命を受けたアルテミスによって射殺されたとも伝えられる。

[小川正広]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アリアドネ
(Ariadnē) ギリシア神話に出てくるクレタ島の王ミノスとパシファエの娘。アテナイの英雄テセウスに恋し、テセウスが迷宮ラビリントスに入るときに道案内の糸玉を与えて助けた。のちディオニソス神に愛され妻となってオリンポスに行く。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アリアドネ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アリアドネの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation