@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アリアンロケット

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アリアンロケット
Ariane Rocket
ヨーロッパ宇宙機関 ESAで開発された一連ロケット。 1979年 12月 24日の1号機以来,38回打ち上げられた (1990年8月末現在,このうち6回失敗) が,84年5月の9号機から,打ち上げ・製作,そして市場開拓を含むビジネスは,フランスの民間会社であるアリアンスペース社が運用している。これまでアリアン1,2,3,4型を運用してきたが,89年後半以降はアリアン4型 (6バージョン) を運用している。打ち上げ基地は,南米ギアナのクールー基地で,世界の商業用衛星打ち上げ市場の 50%以上を確保している。また ESAでは,86年より,95年に初号機打ち上げを予定しているアリアン5型ロケットの開発を開始している。同ロケットは静止遷移軌道に 6.8tの打ち上げ能力があり,低高度軌道には ESAが開発を進めているスペースシャトル「ヘルメス」の打ち上げも可能である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アリアン‐ロケット(Arian Rocket)
ESA(イーサ)欧州宇宙機関)が開発した衛星打ち上げ用ロケット。一号機の打ち上げは1979年。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アリアンロケット
ありあんろけっと
Ariane
ESA(イーサ)(ヨーロッパ宇宙機関)が開発した人工衛星打ち上げ用ロケット。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アリアンロケット」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アリアンロケットの関連情報

関連キーワード

腎性貧血彗星・小惑星探査機ロゼッタビーナス・エクスプレス太陽観測衛星カッシーニホイヘンス宇宙政策(欧州の)XMMニュートンMPO

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation