@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アリイン

栄養・生化学辞典

アリイン
 C6H11NO3S (mw177.22).

 ニンニクの臭気成分の前駆体となる化合物で,酸化されて臭気成分アリシンを生ずる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

アリイン
アリイン
alliin

S-allylcysteine sulfoxide.C6H11NO3S(177.22).ニンニクAllium sativumの球根に含まれている一種のアミノ酸.球根のメタノール抽出液から分別沈殿で得るか,L-システインをアリル化後,過酸化水素で酸化すると得られる.針状結晶.融点164~166 ℃(分解).+67.7°(水).水に易溶,有機溶媒に不溶.アリインが酵素アリイナーゼの作用で分解して,ニンニク臭をもつ黄色の液体,アリシン(allicin,S-2-propenyl 2-propene-1-sulfinothioate)を生成する.アリシンは,C6H10OS2(162.28).1.112.1.561.水に微溶,エタノール,エーテル,ベンゼンに可溶.ニンニクの抗菌成分で,殺菌剤として用いられる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アリイン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アリインの関連情報

関連キーワード

ピロリン酸リン酸

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation