@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アリウス主義【ありうすしゅぎ】

世界大百科事典 第2版

ありうすしゅぎ【アリウス主義】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アリウス主義
ありうすしゅぎ
Arianism

古代のキリスト教異端説で、その主唱者アリウスにちなんでこうよばれる。ギリシア哲学の思弁にのっとって、神の唯一絶対性を強調した。したがってイエス・キリストを「神の子」とよんでも、けっして父なる神に等しい永遠者とは認めず、たとえ比類なく優れた位置を占めるとしても、やはり神によって無からつくられた被造物であるとする。これに対して、アタナシウスをはじめとする正統的三位(さんみ)一体論者は、ニカイア公会議(325)においてアリウス主義を排斥し、キリストが神と同一本質を有することを宣言した。そうでなければ、真の神の仲介者たりえないからである。しかし、アリウス主義は、その後も政治権力と手を結んで多大な影響を及ぼした。聖書的、救済史的キリスト教信仰が、哲学的、宇宙論的ヘレニズム世界に伝えられる際に、必然的に対決せざるをえなかった思想である。

[百瀬文晃]

『上智大学中世思想研究所編『キリスト教史 第二巻』(1980・講談社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アリウス主義」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アリウス主義の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation