@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アリウス派【アリウスは】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アリウス派
アリウスは
Arianism
アレクサンドリアの司祭アリウスが唱えた異端説を奉じる一派。アリウスは三位一体説において,子は世界創造以前に父からみずからの存在を直接に受けている点で他の被造物と異なっているが,なお神とは異質であり,他の被造物と同じく無より造られたと説いた。アレクサンドリア地方会議 (321) ,ニカイア公会議 (325) でこの説は排斥され,アリウスは追放された。この間ニコメディアのエウセビオスが援助。コンスタンチウス2世 (在位 337~361) はアリウス派に加担して反アリウスの急先鋒アタナシウスを追放し,正統派を迫害した。同帝のもとでアリウス派の勢力は伸長したが,やがて次の3派に分れて抗争するにいたった。 (1) 過激派アノモイオス説 エウノミウスなど。 (2) 折衷派 アカキウスなど。ニカイア公会議の決定に近い。 (3) 反アリウス派 ホモウシオス説。バシリウスなど。しかしアリウス派は,テオドシウス1世 (在位 379~395) 以後勢力を失った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ありうすは【アリウス派】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

アリウス派
アリウスは
Arius
キリスト教の異端の一派
アレクサンドリアの司教アリウス(256 (ごろ) 〜336)の説で,キリストは父なる神につくられたもので,神と同質ではないとして人間性を強調した。アタナシウス派と論争し,325年ニケーア公会議で異端と断じられ,アリウスは追放されて死んだ。その後アリウス派は,まず西ゴート,さらにヴァンダル・ブルグントなど東ゲルマン諸族に伝わった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アリウス派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アリウス派の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation