@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アリザリン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アリザリン
alizarin
1,2-ジオキシアントラキノンのこと。古代から染料植物として知られていたセイヨウアカネの根から得られる赤色色素。 C.グレーベと C.リーベルマンによって天然色素としては最初に人工的に合成された (1868) 。現在はアントラセンから合成されている。融点 289~290℃。昇華性の赤色針状晶あるいは黄褐色粉末。水にけにくいが,アルカリに可溶。古くから媒染染料として用いられてきた。木綿はアルミニウム媒染により,いわゆるトルコ赤に染まる。羊毛染色にも利用され,媒染剤の違いにより異なった色に染まる。いずれも日光,洗濯に対する堅ろう度が大。金属酸化物と反応させると水に不溶で堅ろうなレーキを生じ,顔料としても利用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アリザリン(alizarin)
アカネ・西洋アカネの根から得られ、古代から知られていた紅色色素。水には溶けず、アルコールエーテルなどに溶ける。現在はアントラキノンから合成される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

アリザリン
 C14H8O4 (mw240.20).セイヨウアカネの根に含まれる配糖体のアグリコンで,赤色の色素.媒染染料として使われた化合物.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アリザリン【alizarin】
1,2‐ジヒドロキシアントラキノンをいう。天然染料(あかね)の主成分で,1868年にK.グレーベ,K.T.リーバーマン,W.H.パーキンによって初めて人工的に合成された。かつては藍とともに重要な位置を占めていたが,現在ではほとんど使用されず,媒染系有機顔料としてマダーレーキ,およびアリザリンスルホン酸ナトリウムがpH指示薬,キレート滴定指示薬,吸着指示薬として少量使用されている。1,2位に2個のヒドロキシル基をもつため金属と錯塩をつくる性質を利用した,セルロース系繊維,羊毛などに染着する媒染染料である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アリザリン
ありざりん
alizarin

布を堅牢(けんろう)で美しいトルコ赤に染めることのできる、アカネの根から得られる色素の主成分。世界最古の天然染料の一つである。日本でも洋茜(ようあかね)として用いられてきたが、今日では他の合成染料によって置き換えられている。化学構造は1,2-ジヒドロキシアントラキノンで、アントラキノン-2-スルホン酸ナトリウムを空気下で水酸化ナトリウムと溶融して合成される。絵の具のマダーmadderは、アリザリンのアルミニウム錯塩(キレート)である。

 ドイツのH・カロ、K・グレーベ、K・T・リーベルマン、イギリスのW・H・パーキンらによるアリザリンの化学合成(1868)は、広大な領域となったアントラキノン合成化学の端緒となった。

[飛田満彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アリザリン
〘名〙 (alizarin) 植物色素の一つ。紅色の色素で、古代からエジプト、ペルシアなどで媒染染料として用いられた。アカネの根に含まれるが、人工的にも合成される。医薬品、化粧品、生体染色などに利用される。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

アリザリン
アリザリン
alizarine

1,2-dihydroxyanthraquinone.C14H8O4(240.22).C.I.58000,C.I.Mordant Red 11ともいう.アカネの根に配糖体として含まれている.アントラキノン-2-スルホン酸ナトリウムの酸化により,最初に合成された天然色素.橙黄色の板状または針状晶.融点290 ℃,沸点430 ℃.水に難溶,熱メタノール,エーテルに易溶,有機溶媒に可溶.アルカリ性で紫色,濃硫酸で赤褐色を呈する.硝酸酸化でフタル酸を,亜鉛末還元でアントラセンを生成する.媒染剤により種々の色に染色される.[CAS 72-48-0]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アリザリン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アリザリンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation