@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アリスタルコス(数学者、天文学者)【ありすたるこす】

日本大百科全書(ニッポニカ)

アリスタルコス(数学者、天文学者)
ありすたるこす
Aristarchos
(前310―前230)

古代ギリシアの数学者、天文学者。太陽中心説を初めて唱えた。サモス島に生まれ、アリストテレスが創設した学園リケイオンの3代目学長ストラトンStratōnの弟子となった。残されている唯一の著書『太陽および月の大きさと距離について』で、彼は三角法を用いて、地球と月、地球と太陽の距離の比を求め、地球と太陽の距離は、地球と月の距離の18倍から20倍の間とした(実際は約400倍)。また、月と太陽のそれぞれの視直径を求め、それぞれの体積比も算出した。太陽の大きさは実際より、はるかに小さくなっているが、それでも地球の300倍とされ、太陽中心説の根拠となった。アルキメデスはその著『砂粒を数えるもの』でアリスタルコスを詳細に検討しており、地球が太陽の周りを回っているにもかかわらず、年周視差が発見されないことから、アリスタルコスは恒星球の大きさをそれまでよりずっと大きく見積もったとしている。なお、コペルニクスは古代の太陽中心説を検討したにもかかわらず、アリスタルコスには触れなかった。

[高山 進]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アリスタルコス(数学者、天文学者)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アリスタルコス(数学者、天文学者)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation