@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アリストテレスの提灯【アリストテレスノチョウチン】

デジタル大辞泉

アリストテレス‐の‐ちょうちん〔‐チヤウチン〕【アリストテレスの灯】
ウニ類の口部にある咀嚼(そしゃく)器官アリストテレスが、古代ギリシャ製の提灯に似た形のものとして初めて記載。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アリストテレスのちょうちん【アリストテレスの提灯 Aristotle’s lantern】
ウニ類の正形類とタコノマクラ類がもっている口器で,口,食道咽頭を取り囲む大小多数の骨片とそれらを動かす筋肉が複雑に組み合わされて作られており,海藻フジツボなどのをかじり取りかみ砕く働きをする。正形類では逆五角錐状で,5種40個の骨片と7種の筋肉から成る。V字形の最も大きな5組の骨片は顎骨(がつこつ)といわれ,内側に各1本の細長いを収納している。口器は突き出したり引っ込めたりされ,その運動は同時に呼吸にも役だつ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アリストテレスの提灯
ありすとてれすのちょうちん
Aristotle's lantern

棘皮(きょくひ)動物のウニ類の口器の名称。殻の内側下部に位置する複雑な構造の大形そしゃく器官で、5種40片の骨からなり、6種60枚の筋肉が付着する。構成骨のうちで最大のものは顎骨(がくこつ)とよばれ、対をなす顎骨片の縫合線の内側に細長い歯骨がある。歯骨の下部先端はとがり、歯として口の部分に露出する。名称の由来は、紀元前4世紀に哲学者アリストテレスが古代ギリシア製の提灯に似たものとして初めて記載したことによる。ウニ類のうち、ブンブク類とマンジュウウニ類にはこの器官はない。

[重井陸夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アリストテレス の 提灯(ちょうちん)
(アリストテレスが、古代ギリシアの提灯に似たものとして初めて記載したところから) 棘皮(きょくひ)動物ウニ類にみられる、よく発達した咀嚼器官。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アリストテレスの提灯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アリストテレスの提灯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation