@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アリー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アリー
`Alī ibn Abī Tālīb
[生]600頃.メッカ
[没]661. クーファ
預言者ムハンマドの従弟で女婿。第4代正統カリフ (在位 656~661) 。幼少のときからムハンマドに養育され,ムハンマドが預言者として活動しはじめると,その有能な秘書として活躍。ムハンマドの末娘ファーティマと結婚して,2男をもうけ,ムハンマド血筋後世に伝えた。第3代カリフウスマーンの暗殺後,カリフに選出されたが,ムハンマドの未亡人アーイシャやウマイヤ家のムアーウィヤ (→ムアーウィヤ1世 ) らの反対派との戦いを余儀なくされ,反対派の刺客に暗殺された。のちに,シーア派はアリーの子孫のみにイスラム世界の指導者の資格があると主張した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アリー(‘Alī)
[600ころ~661]イスラムの第4代正統カリフ在位656~661。その就任をめぐる紛争の中で殺害された。ムハンマドのいとこで、娘婿シーア派では初代イマームとされる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アリー【‘Alī b.Abī Ṭālib】
600ころ‐661
第4代正統カリフ。在位656‐661年。シーア派初代イマーム。預言者ムハンマドのいとこ。その娘ファーティマをめとり,彼女との間にハサンal‐Ḥasan b.‘Alī(624∥625‐669∥670)とフサインの2子をもうけた。改宗の時期は2,3位を争うほど早く,若くからイスラム教団の発展に尽くした。第3代カリフ,ウスマーンの殺害者たちに推されてカリフを宣言したが,もろもろの対抗勢力との抗争精力を使い果たし,結局彼の理想を実現することなく生涯を終えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アリー【Warder Clyde Allee】
1885‐1955
アメリカの動物生態学者。インディアナ州生れ。1928年以来シカゴ大学教授を務め,動物が集合することが各個体の生存に良い影響を与えることを発見し,集合性の発達による生物の社会性進化の学説を唱えた。動物間の順位制の研究の発展も彼によるところが大きい。49年に弟子たちとともに書いた大著《動物生態学の原理Principles of Animal Ecology》は第2次世界大戦後の決定版的な教科書として世界中でひろく読まれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

367日誕生日大事典

アリー
生年月日:1885年6月5日
アメリカの生態学者
1955年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アリー
生年月日:1909年10月19日
パキスタンの外交官,政治家
1963年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アリー
(‘Alī bṇ Abī Ṭālib ━ブン=アビーターリブ) 第四代正統カリフ(在位六五六‐六六一)。ムハンマドのいとこで、娘婿。シーア派では初代イマームとされる。ウンマ(イスラム共同体)内部の抗争で暗殺された。(六〇〇頃━六六一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

アリー
‘Alī
600ごろ〜661
イスラームの第4代正統カリフ
メッカの名門クライシュ部族のハーシム家に生まれ,ムハンマドの娘ファーティマを妻とした。「アッラー獅子(アサドッラーク)」と呼ばれ,勇敢であったが,反対派との争いの中で暗殺された。彼の死後,彼の支持者がつくった党(アリーの党)がシーア派と呼ばれた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アリー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アリーの関連情報

関連キーワード

正統カリフ時代低圧線全国丼サミット斉明天皇皇極天皇金春秋斉明天皇皇極天皇

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation