@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アリ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アリ
Ari, Þorgilsson
[生]1067頃
[没]1148.11.9
アイスランドの歴史家。母国語で書いた『アイスランド人の書』 Íslendingabók (1120年頃) には,アイスランドの最初の植民のもよう,議会の設立,グリーンランドおよびウィーンランド (北アメリカ) への植民,キリスト教への改宗教会史が含まれている。アリの作と考えられているもう一つの重要な作品『植民の書』 Landnámabókは,移住した約 400家族の系譜および定着地を,克明,正確に記し,さらに移住者にまつわる挿話を簡潔に織り込んでいる。後世の史家に大きな影響を与えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アリ
Formicidae; ant
膜翅目アリ科の昆虫の総称。社会性昆虫で,系統的には針をもつハチ類 (有剣類) に近縁である。女王,雄,職 () の3階級に分れ,一般に前2者は有翅で,職蟻は無翅である。触角の第1節が長く,第2節以下との関節で折れ曲ること,腹部の第1または第1,2節が瘤状あるいは柄状になっていることが特徴である。ギ酸を分泌する種が多く,毒針の発達する種も少くない。土中枯れ木の材中などに巣をつくるものが多く,普通1匹の女王とその娘である多数の職蟻が一緒にすむ。年に1回巣内に新しい女王と雄が多数生じ,外に出て飛びながら交尾する (結婚飛行) 。交尾後女王はみずから翅を切落し,新しい巣を営む。世界に 5000種以上,日本全土に約 150種を産する。他種のアリの職蟻に労働させる奴隷使役蟻 (サムライアリなど) や,一定の巣をつくらず移動を続けるサスライアリ類などさまざまな習性をもつものもある。また巣内に共生する昆虫類も多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アリ
モハメド・アリ」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アリ(Muhammad Ali)
[1942~2016]米国のプロボクサー。旧名カシアス=クレイ。1960年のローマオリンピックでライトヘビー級の金メダルを獲得し、プロに転向。1964年、無敗のまま世界ヘビー級チャンピオンとなる。この試合ののち、イスラム教に入信して改名ベトナム戦争への徴兵を忌避したためタイトルを剝奪されたが、後年王座に返り咲いた。2005年、大統領自由勲章受章モハメド=アリ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アリ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アリの関連情報

関連キーワード

奥羽本線藤原顕頼サルグル朝ジール朝アリ・ソルギルスソン植民の書秋田新幹線日高本線高齢運転者等専用駐車区間大江広元

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation