@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アルカディウス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アルカディウス
Arcadius, Flavius
[生]377頃
[没]408
東ローマ皇帝 (在位 383~408) 。テオドシウス1世から帝国の東半分を与えられ,帝国分裂後の東帝国初代皇帝となったが,ルフィヌス,エウトロピラス,アンチミウスらの側近実権を握られ,外政面ではゴート人侵入を受けた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アルカディウス(Arcadius)
[377ころ~408]東ローマ帝国の初代皇帝。在位395~408。父テオドシウス1世死後ホノリウスローマ帝国東西分離、自分は東半分を統治した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アルカディウス【Flavius Arcadius】
377‐408
ローマ帝国東帝。在位383‐408年。テオドシウス1世の長子。383年父からアウグストゥス位を授与され,395年父帝の死により帝国東部の支配者となる。しかし,ルフィヌスエウトロピウスアンテミウスなどの廷臣に統治の実権を握られ,また妃エウドクシアにも特に内政面で強い影響力を振るわれて,キュレネのシュネシオスがその《君主政論》(399)で説いたような主体性を欠いていたため,政情は乱れた。【後藤 篤子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アルカディウス
あるかでぃうす
Flavius Arcadius
(377ころ―408)

ビザンティン帝国皇帝(在位395~408)。383年父帝テオドシウス1世によりアウグストゥス(正帝)の称号を受け、394年にローマ帝国の東部を委託された。翌395年父帝の死後、弟ホノリウスと帝国を分割統治、彼は東ローマの皇帝となった。しかし病弱で政治にほとんど影響力をもたず、実権は妃エウドキシアや側近のルフィヌス、エウトロピウスらの手中にあった。彼らはダキアとマケドニアの帰属をめぐって西ローマ帝国の最高司令官でゲルマン人のスティリコと対立したが、この東西の不和を利用して396年アラリック率いるゲルマン民族の西ゴート人が帝国内に侵入、略奪を行い、一時コンスタンティノープルを占領されるなど、5年にわたり治世が乱れた。

[島 創平]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アルカディウス
(Arcadius) 東ローマ帝国の初代皇帝(在位三九五‐四〇八)。父テオドシウス一世の没後、弟ホノリウスとともにローマ帝国を分離統治した。(三七七‐四〇八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

アルカディウス
Arcadius
377〜408
最初の東ローマ(ビザンツ)帝国皇帝(在位395〜408)
テオドシウス帝の子。父の死後,弟ホノリウスとローマ帝国の共同統治者となり,帝国の東半部を分治。西ゴート族の侵入で領内のギリシアが荒らされた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルカディウス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルカディウスの関連情報

関連キーワード

ウァレンス房総丘陵テオドシウス[2世]タクシン政権保活特待生問題労災死亡事故

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation