@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アルカラデエナレス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アルカラデエナレス
Alcalá de Henares
スペイン中部のマドリード自治州,マドリード県の都市。首都マドリードの東北東 30km,エナレス川沿いに位置する。「アルカラ」とはアラビア語で「城」の市街は 1000年にムーア人によって破壊され,1038年同じくムーア人によって再建された。アルフォンソ6世が 1088年に征服し,トレド大司教領とした。化学製品,綿製品,香水陶器を産し,アーモンドも有名。 1136年建造の聖フスト聖堂や,ヒメネス・デ・シスネロス枢機卿が 1508年に設立した,聖書編纂で著名な大学の旧校舎があり,1998年世界遺産の文化遺産に登録。セルバンテスフェルナンド1世の生地。人口 15万 9355 (1991推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アルカラ‐デ‐エナレス(Alcalá de Henares)
スペインの首都マドリードから東約30キロメートルにある都市。15世紀末、枢機卿シスネロスによって大学都市の建設が始まり、16世紀には世界初の4か国対訳聖書が刊行されるなど、キリスト教学術の中心地として発展した。現在も、中心施設の一つであったサンイルデフォンソ学院のほか、多数の歴史的建造物が残る。また、セルバンテスの生地としても知られている。1998年に「アルカラ‐デ‐エナレスの大学と歴史地区」として世界遺産(文化遺産)に登録された。アルカラ‐デ‐エナーレス。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルカラデエナレス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルカラデエナレスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation