@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アルカリフォスファターゼ(ALP)【あるかりふぉすふぁたーぜ】

生活習慣病用語辞典

アルカリフォスファターゼ(ALP)
主に肝機能や異常を診断するための検査のこと。もともと肝臓、骨、腎臓乳腺胎盤などに多く存在する酵素で、これらの臓器が障害を受けると血液中に流れ出てきて、高い値となります。胆石黄疸、肝機能、骨の病気などについて調べることができます。QUPiO では15-359IU/l を正常値としています。

出典:あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)
Copyright (c) 2008-2010 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルカリフォスファターゼ(ALP)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルカリフォスファターゼ(ALP)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation