@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アルゴリス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アルゴリス
Argolis
ペロポネソス半島東部に位置した古代ギリシアの一地方。現在のアルゴス平原と東部山岳地帯のアクテ半島から成っている。ミケーネ,チリンスの遺跡により,ギリシア最古期の先進地域であったことが知られる。ドーリス人侵入後はアルゴスがほとんど全域を統一支配した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アルゴリス【Argolís】
ギリシア本土の南部,ペロポネソス半島北東部に位置し,東西サロニコス湾アルカディア山地に,また南北アルゴリコス湾とコリントス地方とに挟まれた,半島状の地方。現在は1県をなし,県都はナフプリオンNávplion(古名ナウプリア)。古代ギリシア史の最古期にあたるミュケナイ時代には,政治・文化の先進地帯として栄えた。ミュケナイティリュンスの王城址は,それを示す代表的な遺跡である。ミュケナイ時代終焉ののち,この地方にはドリス人の支配する都市国家が多数成立したが,それらのなかでもっとも有力だったのがアルゴスArgosで,このポリスは,以後,南方の強国スパルタと敵対しつつ,ペロポネソス半島の一方の雄たるの地位を占めつづけた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アルゴリス
あるごりす
Argolis

古代ギリシアにおけるペロポネソス半島北東部の地域。アルゴス、ミケーネ、ティリンス、エピダウロス、トロイゼンなどを含んだ。ミケーネ文明の繁栄する中心地となり、紀元前1100年ごろからドーリア人が侵入、支配し、ポリス(都市国家)のアルゴスがもっとも有力になったが、アルゴリス全域のアルゴス領化には至らなかった。

 今日のアルゴリスはギリシア南部の県で、面積2214平方キロメートル、人口9万3020(1981)。県都ナフプリオンNávplionは人口1万0609(1981)。農業地帯で、オリーブ、ブドウ、綿花、タバコなどを産する。

[清永昭次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルゴリス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルゴリスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation