@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アルトドルファー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アルトドルファー
Altdorfer, Albrecht
[生]1480頃.レーゲンスブルク
[没]1538.2.12. レーゲンスブルク
ドイツの画家版画家。 1505年以後,レーゲンスブルク市政府のために制。 09年聖ペトルス聖堂のための作品の注文を受ける。 19年市参事会員,26年市の建設担当官に任命される。中期の制作において,彼の風景画はまったく人物の存在しない純粋な風景画として成立するが,これは絵画史上における最初の純粋な風景画として注目される。『レーゲンスブルク近郊のドナウ風景』 (1532頃,ミュンヘン,アルテ・ピナコテーク) など。後期の作品は風景への探求と精密な群像描写とが一体化し,劇的な構図を生む。 29年の『アレクサンドロス大王の戦い』 (ミュンヘン,アルテ・ピナコテーク) がその代表作。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アルトドルファー(Albrecht Altdorfer)
[1480ころ~1538]ドイツの画家・版画家・建築家ルネサンス期に活躍した。ドナウ派の代表的な画家の一人。風景描写に優れ、神秘的な表現で知られる。作「ドナウ風景」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アルトドルファー【Albrecht Altdorfer】
1480ころ‐1538
ドイツの画家。生地や初期の修業については不詳。早くからレーゲンスブルクに住み,終生この町ですごした。初期の作品は,自然や人物の描写にクラーナハあるいはデューラーの影響がうかがえる。彼はドナウ派の中心的な画家で,草創期の風景画芸術の発展に果たした役割はきわめて大きい。《ドナウウェルトの眺め》(《城のある風景》,1528ころ)は,人物を含まない純粋な油彩風景画としてはヨーロッパ最初の例とされ,そこには自然そのものに対する感情のめざめが見てとれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アルトドルファー【Albrecht Altdorfer】
1480頃~1538 ドイツの画家・建築家。風景の描写に優れ、銅版画・木版画にも非凡の才をみせた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アルトドルファー
あるとどるふぁー
Albrecht Altdorfer
(1480ころ―1558)
ドイツの画家。父は15世紀末レーゲンスブルクで活躍した細密画家ウルリヒUlrich Altdorferと推定される。1505年画家としてレーゲンスブルクの市民権を得、1519年市参事会員、1526年市の建築家に任ぜられた。1535年には外交使節としてウィーンの宮廷に赴いた。1526年以前にイタリアへ旅したという説もある。彼は16世紀のドイツ美術を代表する偉大な画家の一人で、制作は宗教、風景、歴史画にわたり、版画や建物を描いたデッサンも多い。『ドナウ風景』(1532ころ)のような純粋風景画もある。ドイツの森や山岳と宗教的な主題との融和を図り、ロマン主義的なドナウ派の中心的存在となった。『イッソスの戦い』(ミュンヘン、アルテ・ピナコテーク蔵)は宇宙的な視野で、自然と人間の劇的な交感を描いた代表作である。[野村太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルトドルファー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルトドルファーの関連情報

関連キーワード

ボッティチェッリコロンブフープマイヤームーランの画家ムーランの画家大村氏オルフェオ物語タラントムーランの画家梅襲

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation