@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アルト

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アルト
Alt, Albrecht Georg
[生]1883
[没]1956
ドイツの旧約聖書学者。 1913年,エルサレムのドイツ福音協会の指導者に任命される。 21~23年にかけて,エルサレムのドイツ福音コミュニティーを指導。グライバルト,バーゼルハレ,ライプニッツ各大学の旧約聖書学教授を歴任イスラエルの歴史的背景の理解にすぐれたものがあり,イスラエルの政治史,行政史にも関心をもち,『イスラエルとエジプト』 (1909) をはじめとして,多くの著書がある。彼の歴史に対する科学的方法は,今日でも古代イスラエル史を学ぶうえに応用されている。キッテルの『ビブリア・ヘブライカ』の改訂 (37) にもたずさわっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルト
alto
一般に声楽女声音域さし,音域は普通ヘから1点ニあたりまで。コントラルト contraltoとも呼ばれ,ソプラノテノールの間に位置する。また,フランス,イタリアでは弦楽器ビオラをさすほか,フルート,クラリネットサクソフォーントロンボーンなどでアルトの音域を受けもつものをいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アルト(〈イタリア〉alto)
《高いので、テノールより音域が高いところから》
女声の最低音域。また、その声域の歌手。コントラルト。
楽曲で、上から2番目の声部。
同一属の楽器の中で、声のアルトに相当する音域をもつもの。アルトサックスなど。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

アルト
スズキが1979年から製造、販売している軽自動車。5ドアハッチバックを中心とする。同社を代表する車種の一つ。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アルト【alto[イタリア][フランス]】
ラテン語のaltus(高い)を語源とする音楽用語で,元来は,定旋律を担うテノールに対して〈高い〉声部contratenor altusの意で用いられた。これが省略されてコントラルトcontraltoとも呼ばれる。一般に,(1)4声作法において上から2番目の声部(ソプラノの下でテノールの上の声部),(2)女性の最も低い声種(図1)を指すことが多い。(3)器楽では,同族楽器中,人声のアルトに相当する位置を占める楽器(4度前後ソプラノ楽器より低い,またはテノール楽器より高いもの)をいう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アルト【alto】
高いの意。テノールより高いところから
低い音域の女声。また、その音域の声部や歌手。
多く管楽器で、アルトの音域の楽器。アルトサクソフォーンなど。また、特にフランスでビオラの別名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アルト
〘名〙 (alto 「高い」の意。テノールよりも高いところからいう)
① 女声の最低音域。本来は男性の最高音域を指す。→コントラルト
※埋木(1890‐92)〈森鴎外訳〉二「次高音(アルト)謡ひに向ひて」
② 四声部の音楽で上から二番目の声部。〔中等教育教科用楽典(1904)〕
③ 同属の楽器の中で中音域を受け持つもの。アルトサックス、アルトクラリネット、アルトトロンボーンなど。
※風俗画報‐三二二号(1905)人事門「サクサホーヌ(ソプラノ)(アルト一番、二番)」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルトの関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門新藤兼人斎藤寅次郎中平康野村芳太郎マキノ雅広川島雄三市川崑コーマン清水宏

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation