@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アルビノーニ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アルビノーニ
Albinoni, Tomaso
[生]1671.6.8. ベネチア
[没]1750.1.17. ベネチア
イタリアの作曲家。 40余曲のオペラを作曲したが,初期の協奏曲の作曲家として重要で,トレリと前後して独奏バイオリン協奏曲を創始したほか,オーボエ協奏曲にも佳作を残した。『アルビノーニのアダージョ』は,彼の未完の作品の断片をジャゾットが編曲したもの。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アルビノーニ(Tomaso Albinoni)
[1671~1751]イタリアバロック期の作曲家・バイオリン奏者。ベネチア楽派の一人。上品な作風で知られ、オーボエ協奏曲をはじめとする器楽作品が有名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アルビノーニ【Tomaso Albinoni】
1671‐1751
イタリアの作曲家。作品1の《トリオソナタ集》(1694)には〈ベネチアのディレッタント〉と記されているが,父の死後生計を立てる必要からか,1711年以降〈バイオリン音楽家〉と名のった。定職も音楽家との交友ももたず,ほとんど故郷でオペラ約50曲やカンタータ,数多くの器楽曲を作曲した。彼のオペラは20年以後イタリア以外でも上演され,作品1のソナタの主題はJ.S.バッハのフーガに使われるなど,旋律の美しさや特異性のために人気があった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アルビノーニ【Tomaso Albinoni】
1671~1750 イタリアバロック盛期の作曲家。ベネチア楽派の一人。清澄・上品な旋律美が特徴。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アルビノーニ
あるびのーに
Tomaso Albinoni
(1671―1750)
イタリア盛期バロックの作曲家。ベネチアの裕福な紙商人の長男として生まれ、レグレンツィに師事したと推定される。父の死(1709)後、家業を弟たちに任せ、音楽に専心する。12曲からなる有名な協奏曲集(作品9)がアムステルダムから出版された1722年ごろ活動は頂点に達し、彼のオペラはミュンヘンなど国外でも上演された。ビバルディとほぼ同時代にベネチアで活躍、同地でした。育ちのよさを具現する上品な音楽性と、天性の旋律美を特徴とする。オーボエ協奏曲、オルガンと弦のためのアダージョなどの器楽曲と並び、55曲のオペラも書いている。[樋口隆一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アルビノーニ
(Tomaso Albinoni トマゾ━) イタリアの作曲家。オペラ、カンタータ、室内楽、協奏曲などイタリア後期バロック様式の典型的な作品を残した。(一六七一‐一七五一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルビノーニ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルビノーニの関連情報

関連キーワード

伊達騒動ピュジェミルトンカンプハイスブロンデルカッシーニガルダン(噶爾丹)ニュートン(Sir Isaac Newton)ミルトン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation