@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アルフィエーリ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アルフィエーリ
Alfieri, Vittorio
[生]1749.1.16. ピエモンテアスティ
[没]1803.10.8. フィレンツェ
イタリアの詩人,劇作家。イタリア悲劇の創始者。貴族の家に生れ,若年からイタリアの古典文学に親しみ,国内はもとよりヨーロッパ全土を旅行,遊蕩児の名をはせたが,広く新旧の思想と文学に通じ,特にモンテスキューから多大の影響を受けた。代表作は悲劇『サウル』 Saul (1773) ,『ミルラ』 Mirra (84~87) など。また波乱に富んだ放浪の生涯を回想した『自叙伝』 Vita (1804) がある。作品を通じて民族精神の覚醒を促し,リソルジメント (国家統一運動) の先駆者と目される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アルフィエーリ(Vittorio Alfieri)
[1749~1803]イタリアの劇作家。イタリア悲劇の創始者。作「サウル」「ミルラ」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アルフィエーリ【Vittorio Alfièri】
1749‐1803
イタリアの悲劇作家。北イタリアの裕福な貴族家柄の出で,トリノで教育を受けた。その後ヨーロッパ各地を旅行。何一つ不足ない身ながら,偉大なものを求めて自己の存在に対する不安と憂愁とに身を任せる。その点ではロマン派的だが,一方,ボルテール,ルソーらの啓蒙思想の影響も受け,専制君主制に徹底的な反感を示し,文筆活動を通して,外国支配に苦しむイタリアの解放と統一の意識を人々の心に呼び起こした。ただしその貴族的性格から,民衆政治を認めることはできず,フランス大革命の際パリに居合わせたが,初めはバスティーユ奪取を賛美しても,民衆側の行き過ぎが現れると,王制に対するよりさらに激しく反発しフランスを去っている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アルフィエーリ【Vittorio Alfieri】
1749~1803 イタリアの劇作家・詩人。ギリシャ・ローマの古典や旧約聖書に取材した悲劇の中に、圧制への憎悪と自由への希求を情熱的にうたった。代表作に「サウル」「ミッラ」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アルフィエーリ
あるふぃえーり
Vittorio Alfieri
(1749―1803)
イタリアの劇作家、詩人。イタリアの先駆的なロマン主義者といわれている。1月16日アスティに生まれる。父はピエモンテの富裕な貴族(伯爵)。誕生後まもなく父を亡くし、9歳のときにトリノの士官学校に送られるが、学校の古くさい教育に嫌気がさし、文学書を読み、詩を愛した。1766年に学校を出ると、イタリア、フランス、イギリス、ドイツ、ロシア、スペイン、ポルトガルと、旅をしてまわった。1772年にトリノに帰り、続く3年間は恋愛と著作のために過ごした。1775年その最初の悲劇『クレオパトラ』を上演し、成功を収めた。イタリアの古典作家たちが用いたトスカナのことばを学ぶためにフィレンツェへ行き、ダンテ、ペトラルカ、アリオスト、タッソなどを読み、数々の作品をイタリア語で書いた。その地でマキャベッリを読み、パッツィの陰謀の主題で悲劇を書くように勧められたが、『専制政治について』という政治論を書いた。
 1777年にオルバニーの伯爵夫人ルイザ・ストルバーグと知り合う。それ以後のもっとも多産な時期に、イギリス(1783~1784)とフランス(1787~1792)を旅行。パリで『自伝』を書き始め、自分の悲劇集(19編)の新版を編んだ。そのうち『サウル』と『ミッラ』は、彼の最高傑作である。その地でフランス革命の勃発(ぼっぱつ)に立ち会い、『バスティーユなきパリ』という詩を書いた(1789)。だが革命が暴力と流血の惨事に埋没するのに失望し、批判的になる。1792年ストルバーグ夫人とともにフィレンツェへ戻る。晩年はギリシア語を独習し、ギリシア悲劇やホメロスやアリストファネスなどを読み、風刺詩や喜劇作品を書いた。1803年10月8日没。フィレンツェのサンタ・クローチェ教会に埋葬された。彼の作品はイタリアのロマン主義文学やイタリア民族独立運動に霊感を与えた。[佐藤三夫]
『Bruno Maier Alfieri (1973, Palumbo Palermo) ▽Leonello VincentiAlfieri e lo Sturm und Drang e altri saggi di letteratura italiana e tedesca (1966,Olschki Firenze)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アルフィエーリ
(Vittorio Alfieri ビットリオ━) イタリアの悲劇作家。単純な筋と簡潔な文体の中に、自由な精神の高揚を主題とする悲劇を書く。代表作「サウル」。(一七四九‐一八〇三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルフィエーリ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルフィエーリの関連情報

関連キーワード

丸山権太左衛門ゲーテ信達騒動怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)信達一揆吉田藩(三河国)レッシング(Gotthold Ephraim Lessing)博多あまおう大塚家具県産の野菜

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation