@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アルフレッド(大王)【あるふれっど】

日本大百科全書(ニッポニカ)

アルフレッド(大王)
あるふれっど
Alfred the Great
(849―899)
イングランドのウェセックス王(在位871~899)。エセルウルフ王Ethelwulf(?―858、在位839~855)の子で、3人の兄の後を継いでウェセックス王となる。当時デーン人の侵入が激しく、ノーサンブリアからイースト・アングリアにかけてデーン人の定住を許し、ウェセックスも脅やかされていた。兄のエセルレッド王Ethelred(在位865/866~871)を助けて奮闘し、即位後も全サクソン人の期待を集めて異教徒デーン人と戦った。とくにイースト・アングリアのグスルム王Guthrum(?―890)が攻撃的であり、戦況はアルフレッドに不利であったが、878年エディントンで雪辱、チップナムで協定を結んでようやくグスルム王の進出を食い止めた。その後886年にロンドンからデーン人を追い優勢裏にグスルム王と協定を結んだ。その協定によってデーン人との境界を確定し、デーン人の支配地域下にあるサクソン人の生命、財産を防衛することに成功したが、その後も騎士軍や民兵の編成、海軍の創設に努めてサクソン国家の防衛体制を固めた。また州制を整えて行政組織を整備し、従来のサクソン法典を集大成した法典を編纂(へんさん)し、全イングランドに適用されるべきものとして国家統一の気運を進めた。またキリスト教信仰も厚く、サクソン文芸にも意を用い、学校をおこすとともに、ベーダ、オロシウス、ボエティウスなど多くのラテン古典書の英訳を奨励、自らも翻訳にあたった。890年ごろには『早期アングロ・サクソン年代記』が編纂されて、サクソン民族国家意識の高揚をみた。899年10月26日死去。[富沢霊岸]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルフレッド(大王)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルフレッド(大王)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation