@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アルブレヒト1世【アルブレヒトいっせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アルブレヒト1世
アルブレヒトいっせい
Albrecht I
[生]1255
[没]1308.5.1. ロイス
ドイツ王 (在位 1298~1308) ,オーストリア公。ハプスブルク家の神聖ローマ皇帝ルドルフ1世の長男。 1282年オーストリア,シュタイエルマルク,クラインを授封される。ルドルフアルブレヒトに帝位を継がせようと試みたが,ハプスブルク家の強大を恐れる選帝侯は彼の敵対者アドルフ・フォン・ナッサウをドイツ王に選んだ。 98年アドルフを破り,フランクフルトでドイツ王に選挙された (皇帝位は教皇から承認されなかった) 。彼は有能な君主で,父の遺志を継いでハプスブルク家領の拡大,ライン川に課せられた非公認の関税の廃止,農奴の地位改善,迫害されているユダヤ人の保護に努めた。しかし彼を取巻く反対派の動きは絶えず,シュワーベン反乱を鎮圧中,甥のヨハンによりスイスで殺害された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルブレヒト1世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルブレヒト1世の関連情報

関連キーワード

アルブレヒト[1世]延慶ルブルクドゥッチオドゥッチョ後二条天皇憲淳アイドゥン侯国忠烈王徳治

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation