@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アルプ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アルプ
Arp, Jean (Hans)
[生]1887.9.16. ストラスブール
[没]1966.6.7. バーゼル
フランスの画家,彫刻家。ワイマール,パリで学び,1912年ミュンヘンの「青騎士」展,13年ベルリンの「嵐」展に参加し,15~16年はスイスに滞在した。ダダの運動の推進者の一人。 19年 M.エルンストらとケルンでのダダ展に参加。 26年シュルレアリスム運動に加わる。第2次世界大戦後,ハーバード大学大学院の壁面浮彫 (1950) ,パリ,ユネスコ本部の浮彫 (58) その他の大作を制作。ダダ,シュルレアリスムの旗手の一人であり,また 1915年に最初の抽象画,17年には抽象の木彫浮彫を制作し,抽象美術の先駆者の一人とみなされる。コラージュ,切紙 papiers déchirésの技法の創案者で,詩集なども出版した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アルプ(〈ドイツ〉Alp/〈フランス〉alpe)
アルプス山脈中腹の草原地帯。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルプ(Hans Arp)
[1887~1966]ドイツからフランスに帰化した彫刻家・画家詩人。簡潔な曲線を用いた有機体を思わせる具体美術(アールコンクレ)を作り出した。ジャン=アルプ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アルプ【Hans Arp】
1887‐1966
ドイツに生まれ,フランスで活躍したダダおよびシュルレアリスムの代表的な画家,彫刻家。仏名ジャン・アルプJean Arp。シュトラスブルクに生まれ,生地とワイマール,パリで美術を学んだ後,詩作を始めた。1909年スイスへ行き,15年ゾフィー・トイバーと結婚,夫妻で実験的な立体構成やコラージュを試みる。16年チューリヒでダダの結成に参加し,20年からマックス・エルンストらとケルンでダダ運動を展開。27年シュルレアリスムに,31年〈抽象・創造〉グループに加わる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

あるぷ【アルプ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アルプ
あるぷ
Jean (Hans) Arp
(1887―1966)

フランスのストラスブールに生まれ、ドイツ、フランスで活躍した画家、彫刻家、詩人。初めはドイツ・ロマン派の影響下に詩作を試みるが、1905年以降ワイマール、パリの美術学校に学び、1912年「青騎士」に参加。1916年にチューリヒ・ダダの創設に加わり、1920年にはケルン・ダダを展開する。さらに1920年代なかばからはパリでシュルレアリスム運動に参加し、1931年に「抽象―創造」の設立に関与するなど、一連のアバンギャルド芸術運動において中心的な役割を果たした。絵画、コラージュ、彩色レリーフ、彫刻と多様な作品を手がけたが、その特質は生命の自然生成を基本とした柔らかな有機的形体にある。「芸術は、人間の内部で成長する果実である」という彼のことばは、いわゆる抽象的な形体を創造しながらも、自作をあくまでも「具体的」なものと考えていた彼の制作理念を物語っている。

[千葉成夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アルプ
[1] 〘名〙 (alpe Alp) アルプス山地で森林がなくなるあたりから万年雪のある高地付近にかけてみられる草地のこと。アルプスの名称はこれに由来。夏季、谷間の集落から追い上げられた乳牛、羊などの牧場として利用される。
[2] (Alpes) =アルプス(一)
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉二四「或る時は旭日のアルプ山頂より昇るを喜び」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルプ
(Hans Arp ハンス━) 彫刻家、画家。ドイツに生まれフランスに帰化。ダダイズムの創始者の一人で、シュールレアリスム運動にも参加。極端に単純化したフォルムで人間の生命力を象徴する。(一八八七‐一九六六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルプ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルプの関連情報

関連キーワード

東京芸術大学120周年国民之友雑誌新島襄ピッツバーグ・パイレーツ[各個指定]芸能部門オストワルト巨文島事件三大事件建白運動

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation