@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アルベルツス・マグヌス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アルベルツス・マグヌス
Albertus Magnus
[生]1200頃.ドイツ,ラウインゲン
[没]1280.11.15. ケルン
聖人 (祝日 11.15.) 。教会博士 (全科博士) 。ドミニコ会士。中世スコラ哲学巨峰の一人。ドイツでの教授活動ののち,1245年頃パリで教え,48年ケルンに同会の総合学院を組織。 54~57年ドイツ管区長。 56年サンタムールのギヨームと対決。 60年レーゲンスブルク司教。 63年よりドイツ,ボヘミアで十字軍を唱道。哲学ではアラビア経由のアリストテレスの全作品を注解し,その自然学によって新世界を開き,弟子トマス・アクィナスによる体系化を促した。反面偽ディオニュシオスの全作品の注解にみられる新プラトン主義的傾向は,弟子シュトラスブルクのウルリヒらを通して 14世紀ドイツ神秘主義源流となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルベルツス・マグヌス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルベルツス・マグヌスの関連情報

関連キーワード

インド哲学デンマーク文学度量衡明治大学オフィシャルグッズ(文房具)立教大学ラッシャーズグッズ関西学院大学グッズWikiLeaksUXGAWUXGA家庭内暴力

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation