@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アルミナ触媒【アルミナショクバイ】

化学辞典 第2版

アルミナ触媒
アルミナショクバイ
alumina catalyst

アルミナにはいくつかの変態が知られているが,弱い固体酸性を示し,触媒活性をもつのはγ-あるいはη-アルミナである.通常,200~300 m2 g-1 の表面積をもち,アルコールの脱水反応の触媒として知られている.しかし,アルミナ単独での工業触媒としての用途は限られている.γ-アルミナと高温でも安定なα-アルミナは,金属などの触媒活性物質を安定に担持する触媒担体として使われることが多い.また,ほかの酸化物と複合させると強い固体酸性を生じたり,脱水素や酸化の触媒活性が生じる.[別用語参照]酸化アルミニウム

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルミナ触媒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルミナ触媒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation