@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アルミノケイ酸塩【あるみのけいさんえん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

アルミノケイ酸塩
あるみのけいさんえん
aluminosilicate
ケイ酸塩のケイ素アルミニウムで置換した形の化合物の一般名称。一般式xMI2OyAl2O3zSiO2nH2O。岩石を構成する主要な化合物で、地球上にもっとも広く分布しており、長石類、沸石類、雲母(うんも)など重要なものが多い。長石類では曹長石NaAlSi3O8、灰長石CaAl2Si2O8など、沸石類ではソーダ長石Na2Al2Si3O102H2O、方沸石NaAlSi2O6H2Oなど、雲母類では白雲母KAl2(OH)2AlSi3O10、黒雲母K(Mg,Fe)3(OH,F)2(Al,Fe)Si3O10などである。ケイ酸イオンのケイ素をアルミニウムで置換したアルミノケイ酸イオンを含み、平面無限層状構造や三次元骨格構造をつくっている。たとえば雲母中では平面層状イオンがあるため劈開(へきかい)する。また沸石中では三次元の籠(かご)型構造があり、籠の中の空間には小分子を収蔵することができ、分子ふるいとして使われたり、イオン交換体として使われる。沸石類は天然に存在するもののほか、工業的に多くのものがつくられ、分子ふるいやイオン交換体として広く使われている。[中原勝儼]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

アルミノケイ酸塩
アルミノケイサンエン
aluminosilicate

ポリケイ酸([別用語参照]ケイ酸)の基本構造となる,SiO4四面体のSiの一部をAlで置き換えたアルミノケイ酸の金属塩.一般式はxM2O・yAl2O3zSiO2nH2O(ただし,金属は Mのものもあり,nは0の場合もある)で,ポリケイ酸と同じく鎖状,層状,網状など各種の構造のものがある.金属Mは,その骨格中ではなくすきまに入っている.地殻の主要成分として天然に多く存在している.長石類(正長石K2O・Al2O3・6SiO2),沸石(ゼオライト)類(方沸石Na2O・Al2O3・4SiO2・2H2O)はその例である.また,用途に応じて人工的に特定構造のものが合成されている.天然のアルミノケイ酸塩岩石はセメントや陶磁器の原料となる.ゼオライト(とくに合成ゼオライト)は,吸着剤,触媒,イオン交換体,モレキュラーシーブなどに利用される.また,合成アルミノケイ酸塩材は,装飾用,電気絶縁体などとして用いられる.アルミノケイ酸リチウム(Li2O・Al2O3・2または4H2O)は,耐熱食器材に用いられる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルミノケイ酸塩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルミノケイ酸塩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation