@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アルーバ島【あるーばとう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

アルーバ島
あるーばとう
Aruba

西インド諸島にあるオランダの自治領。カリブ海南部、同じくオランダ自治領であるキュラソー島の西68キロメートルに位置する。面積180平方キロメートル、人口9万1065(2000)。中心都市はオラニエスタットOranjestad(人口2万9000、1998年推計)。15~16世紀にスペインによって植民が始まり、17世紀にオランダ人が入ってきた。1828年からオランダ領西インド諸島、1845年からオランダ領アンティルの一部となり、1954年には実質的な自治を獲得した。その後、アルーバ島の独立が計画されて1986年にオランダ領アンティルから分離され、オランダ政府は10年後の完全独立を約束した。しかし、1990年にはアルーバ側の意向により完全独立は無効となり、オランダ領アルーバのままとなった。石油精製が主産業。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルーバ島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルーバ島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation