@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アレクサンデル[6世]

世界大百科事典 第2版

アレクサンデル[6世]【Alexander VI】
1431‐1503
ローマ教皇。在位1492‐1503年。本名ロドリゴ・ボルジアRodrigo Borgia。叔父教皇カリストゥス3世により25歳で枢機卿に任命され,パウルス2世時代(1464‐71)に教皇庁内で勢力を拡大し,シクストゥス4世の教皇選挙を画策し,自分は強力な贈賄によって当選した。教皇としての施策は出身たるボルジア家,とくにその子チェーザレ・ボルジアへの優遇から決定され,その権謀術数はルネサンス期支配者の模範としてマキアベリの賞賛をえた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アレクサンデル[6世]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アレクサンデル[6世]の関連情報

関連キーワード

ピウス3世アレクサンデル6世ボルジャ家アレクサンデル6世アレクサンデル(6世)ボルジア家フィレンツェ公会議エウゲニウス4世ジャンヌ・ダルクニマットラー・ワリー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation