@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アレクサンデル5世【アレクサンデルごせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アレクサンデル5世
アレクサンデルごせい
Alexander V
[生]1339頃. カンディア
[没]1410.5.3. ボローニャ
大分裂時代の対立教皇在位 1409~10)。本名 Petros Philargos。ギリシア出身のフランシスコ会士(→フランシスコ修道会)で,唯名論をとる神学者。1402年にミラノ大司教,1405年に枢機卿(→カーディナル)となる。西方教会の統合を期待され,1409年ピサ教会会議において満場一致教皇に選出されたが,教会会議はすでに登位していた教皇グレゴリウス12世アビニョンの対立教皇ベネディクツス13世を退位させられず,3教皇鼎立の状態となった。登位時 70歳の高齢で,わずか 10ヵ月の在位であり,後継の対立教皇ヨハネス23世に毒殺されたとする説もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アレクサンデル5世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アレクサンデル5世の関連情報

関連キーワード

岩手県の要覧ニューギニア[島]景帝景帝[前漢]小海(町)小諸(市)佐久穂(町)滋賀(県)ニューギニア島ハギ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation