@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

アレクサンドリア学派【アレクサンドリアがくは】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アレクサンドリア学派
アレクサンドリアがくは
Alexandrian school
ギリシア人が前3世紀にアレクサンドリアに創設した文法の研究,教育の機関を中心として栄えた,文法・文献学の流派。ギリシア語の文法の記述で広く名をはせ,従来文献研究に従属していた文法学を独立した学問の位置にまで高めた。有名な学者には,前2世紀のアリスタルコスとディオニュシオス・トラクス,2世紀のアポロニオス・デュスコロスらがいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アレクサンドリアがくは【アレクサンドリア学派】
(1)前3世紀から前2世紀前半にかけての,エジプトのアレクサンドリアの図書館を中心とする文献学上の学統。エフェソスのゼノドトス,ロドスのアポロニオス,サモトラケのアリスタルコスらにより,主としてホメロスの作品の校訂編纂や古典諸文献の収集を行った。(2)180年ころ,パンタイノスによりアレクサンドリアに設立された一種の私塾(アレクサンドリア教校)に形成された学派。この教校はアレクサンドリアのクレメンスオリゲネスへと継承され,新入信者へのキリスト教教理の問答による教授が行われた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アレクサンドリア学派
あれくさんどりあがくは

古代の大都市アレクサンドリアを中心とするキリスト教神学の一派。3~5世紀に栄えた。前半の3世紀には、その創始者クレメンスや、その弟子オリゲネスが著名である。最古の神学校といわれる「アレクサンドリア教校」も彼らによって創設された。その神学的特徴は、ヘレニズム的ユダヤ教や新プラトン主義を受容しながら、信仰と理性の調和、統合を目ざし、聖書解釈においては比喩(ひゆ)的解釈法が特色。後半の4~5世紀は、アタナシウス、アポリナリオス、キリロスなどに代表され、思想的基盤を同じくしながらも、前半が護教的、哲学的であるのに比べ、教権的、正統主義的特徴を有しており、時代の推移を示している。

[菊地栄三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アレクサンドリア学派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アレクサンドリア学派の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation